« 日米学年の違い | トップページ | 忙しい2月 »

便利な銀行間送金システム

キャッシュレスキャッシュレスと叫ばれているが、さすがに友達同士でのやり取りは長年現金だった。しかしここへきて若者の間では『VENMO』というアプリが当たり前に。これはクレジットカードとは違ってお店での買い物はできない。しかし友達に払うときには、使える。銀行口座若しくはクレジットカード(3%の手数料必要)を登録しておいてここから、お金を払う。ちなみにもらったお金は直接銀行に入るか、VENMOマネーとして次に送金するときに使える。

大人向けには『Zelle』というサービスがある。これは銀行間での直接送金なのだが、相手の口座番号は必要なし。その銀行に登録している名前とメアド若しくは携帯番号がわかれば、その場で送金できる。アメリカのほとんどの銀行で使えるようだ。一日$1,500~$2,000くらい一ヶ月$10,000~$1,5000くらいの利用ができるらしい。(銀行や使う頻度によって変わるようだ。)これを利用するには、自分の銀行口座に登録しているメアドや電話番号を確認する必要がある。複数の銀行のアカウントを使う場合は異なるメアドを登録するとよいだろう。(もしCHASEとCITIで同じ電話番号同じメアドを登録していたらどうなるかは???)

少しずつでも新しいものを取り入れていかないと、時代に乗り遅れて不自由な老後を送ることになる…はーッ(`〇`)=3

« 日米学年の違い | トップページ | 忙しい2月 »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Westcnester Now

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ