« マンハッタンにアオモリ? | トップページ | 待ってるよー!地元のイタリアン »

テクノロジーよりノスタルジー

アメリカは日本と違ってよく停電する。(ここからは単なる憶測… いち早くインフラ整備したため、各ラインがかなり老朽している。でも問題が起こるまでは直さない。起こってもそこだけしか直さない。全部引き直しているなんて工事は見たことない。ということかな?)

停電すれば勿論信号もおちる。大きな交差点にはお巡りさんが立つが、そうでないところでは大変だ。特に大通りと交差する小さい通りなんて、行けやしない。

180708

そんな時にこちらの小さな小さなサインが大活躍する。要は一時停止サインなのだが、日本の一時停止とはちょっと違う。日本の場合は、交差点で4方向全部に止まれのサインがあるのは少ない。しかしアメリカでは、このSTOPサインが4方向全部にあることが結構ある。(たまに片方にしかない場所があり、止まらずに目の前を車が横切って行くとかなり焦る。要注意だ。)

ということで、停電中におまわりさんのいない大きめの交差点にこのSTOPサインが置いてあることがよくある。よく考えたものだ。みんなこのSTOPサインには慣れている。なのでちゃんと右から左から正面からSTOPした早い者順で交差点に入っていく。これが一つ置いてあるだけで、整然とした交差点になる。

信号が最新ハイテクテクノロジーとは言わないが、でもいざという時には、手作業、人の判断とかなりアンティークな方法が役に立つ。それに備えてあまり機械に頼らず、生存能力を高めておく必要がある。

« マンハッタンにアオモリ? | トップページ | 待ってるよー!地元のイタリアン »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジーよりノスタルジー:

« マンハッタンにアオモリ? | トップページ | 待ってるよー!地元のイタリアン »

Westcnester Now

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ