« ワールドカップ | トップページ | 高校卒業式 »

アメリカのゴミ捨て

この時期は、お友達がどんどん日本に帰ってしまう寂しい季節。皆さん口にされるのが、兎に角荷物の軽量化。日本はゴミの捨て方が難しく厳しので、できるだけこちらで捨てていくように!

そんなものなのかなぁ?と胸に手を当ててみると、結構わからないから普通ゴミでバンバン出していることが…。

捨て方は各自治体で異なるとは言うものの、分類などは殆ど一緒

180620

PCとかTV、携帯や電池、家電、プロパンガスタンク、シュレッダーしたいドキュメント等はValhallaにあるWestchester County's household Material Recovery Facility(H-MRF)に持ち込める。そのうち冷蔵庫(安全のためドアを外す)、PC関連などは、電話をすると自治体が取りに来てくれる。自治体所定の場所に持ち込むことも可能。びっくりしたことに、いつも困るペンキの空き缶。これは中をしっかり乾かせば普通ゴミ(リサイクルではなく)で出していいらしい。そして必死に探しているのだが、電池Batteryの文字が上記のValhalla持ち込み以外の場所に見当たらない。ということはわざわざValhallaまで持ち込まなければいけないのか?→面倒だ→やっぱりゴミ箱に捨てちゃおう!
これはきっといけないのだろう。Best Buyなどの入り口に集積箱があったが、今でもあるのだろうか。こういうところに持って行くのが一番簡単な方法だ。
家具類も小さければ普通ゴミ、持って行ってくれなければ電話をしたら取りに来てくれる。勿論これにお金はかからない(はず)。やはりアメリカは簡単にゴミが捨てられるのだなぁ。

« ワールドカップ | トップページ | 高校卒業式 »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカのゴミ捨て:

« ワールドカップ | トップページ | 高校卒業式 »

Westcnester Now

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ