« 成績優秀者表彰式 | トップページ | Mamaroneck Fire Department's Carnival »

アメリカは返品天国

アメリカはよく『返品天国』と言われる。こちらに来て20年以上経っているので、これが普通になっていて別に不思議には思わないが、日本から来た方にはよくビックリされる。

180612

子供の服を買う時に、サイズがわからない時にはとりあえず前後合わせて3サイズ買って帰る。そして家で着せて大きすぎ、小さすぎのサイズを返す。店員さんに相談しても同じ返事が返ってくる。「とりあえず買って帰って返しなさい!」日本だと、サイズが合わないというのは返品対象にならないとか。傷物しか受け付けないと聞いた。

学校でBBQを催すことになり、紙皿やら炭などの寄付を募っていた。早速いくつかの品を持って行くよ!と手を挙げたのだが、待てど暮らせど返事がない。もう面倒だからとりあえずそれらの品を買った。勿論念のためレシートはきちんととっておくことに。後日、どうやら寄付するよと送ったメールが読まれておらず、こちらで用意した品々は既に他の人に用意されていた。OK。早速お店に全部持って行き全て返品。全額返してもらった。これができるから、とりあえず買っておくということができるのだ。

そうそう。ちなみにレシートがなくても返してくれることもある。クレジットカードで買っているとよいが、現金でももどってくることもある。こちらはダメでもともと、でも折角の『返品天国』なのだから

Let's Try!!!

« 成績優秀者表彰式 | トップページ | Mamaroneck Fire Department's Carnival »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカは返品天国:

« 成績優秀者表彰式 | トップページ | Mamaroneck Fire Department's Carnival »

Westcnester Now

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ