« Ash Wednesday | トップページ | PSAT »

カード番号の盗難

知り合いの方の所に銀行から一通の手紙が。なんだか「カードがcompromised」???信用を失っている?「現在そのカードの利用限度額を下げた…」???

びっくりして書いてあった電話番号へ。CITIBANKだったのだが、英語ができないというと日本語の通訳の人を電話口に連れてきてくれた。この通訳の人を介しての会話でびっくり。いつの間にかカード番号が盗まれていてよそでつかわれていたというのだ。場所があまりにも違いすぎて銀行がこれはおかしい…と電話をかけてきたらしいのだが、つながらなかったので手紙を送ってきたそうだ。このカード。クレジットカードではなく銀行のキャッシュカード。ATMでお金を時々引き出す以外には使っていないとのこと。(なので発見が早かったのかも…)いくらか使われていたらしいが、その分は1週間くらいして口座に戻すと言われたらしい。


その方は日本からいらして間がなく、知らないところからの電話にはご家族そろって出ないとか。銀行やカード会社は宣伝の電話をよくよこすが、こういう緊急事態のこともあるので、英語に不安があってもこれからはとりあえず出るようにすると言っていた。


クレジットカードは盗まれる可能性はたくさんあると思うが、ATMのカードも盗まれるとはびっくり。クレジットカードの明細は時々チェックしていたが、銀行口座の動きもしっかりチェックしていかなければいけない。正直に生きているのになんとも面倒な世の中だ。

« Ash Wednesday | トップページ | PSAT »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カード番号の盗難:

« Ash Wednesday | トップページ | PSAT »

Westcnester Now

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ