« ESLの思い出 | トップページ | 発見!甘いぶどう »

日本語英語

日本人は、昔から日本風にアレンジしたカタカナ語を使ってきた。アルバイト、ビジネスマン、ガソリンスタンド、コンセント…。

最近日本のテレビを見ていて、ある言葉を耳にする度に大笑いをする若造。

  • リベンジ
  • バージョンアップ

この2語だ。

リベンジは今や「再チャレンジ」のような意味でつかわれているが、もちろん『復讐』なのだから、笑顔で「リッベーンジ!」なんて映像をみるとお腹をかかえて笑っている。

バージョンアップもよく耳にする。本来は機械などの性能が改良されるような感じなのだが、「バージョンアップして戻ってきます!」と自分自身に使っているのを聞いて「トランスフォーマーか?」とまたまた大笑い。同様に「レベルアップ」という言葉もあまり使わないので、どうしてもゲームのレベルアップを思い浮かべてしまうという。

言葉というのは変化するもの。その時代の流行りの象徴でもある。英語と思わずカタカナ日本語としてきちんと使えるようになるのも、バイリンガルへの道?☆!

« ESLの思い出 | トップページ | 発見!甘いぶどう »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本語英語:

« ESLの思い出 | トップページ | 発見!甘いぶどう »

Westcnester Now

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ