« アメリカ食生活 | トップページ | 日本語英語 »

ESLの思い出

新学期が始まって、そろそろ学校生活にも慣れてきたころだろう。日本から来て間もない方はESLの授業も始まっているだろう。

若造もキンダーから3年間このESLを受けた。日本人の間では「2年でESLを抜けないと…」などという噂もあるが、どうしてどうして、このESL。とても素晴らしい授業でもう1年受けさせたいと思ったくらいだ。

2年目だっただろうか。なんとESLの先生が若造の学年の日本人の男の子だけ3人というクラスを作った。ちょうどスナックタイムに当たる時間で、若造たちはいつもスナックを持ってESLの部屋に行った。なんと大胆なことをする先生だろう。しかし若造たちは大喜び。
クラスでingについて習っていたとき。laugh+ing=laughingこんな感じに進めていたら…
これをくしゃみの「achoo」にくっつけて「achooing,achooing」と大騒ぎ。今でも時々思い出す笑い話だ。

3年目の担任の先生との懇談会。もちろんESLの先生も同席。担任の先生は「お宅のお子さんはまじめでいつも一生懸命で、もう少しリラックスしても…」とほめてくれたのだが、その横でESLの先生は笑いを噛み殺していた。そして「ESLのクラスでは随分と違うのよ。まぁ。私はキンダーの時から毎日会っているから、学校でのお母さんだからね。」

たどたどしかった英語も今では、親は全くついていけないレベルになった。これが全ての学校に完備されているというのは本当にありがたいことだ。

« アメリカ食生活 | トップページ | 日本語英語 »

学校・教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ESLの思い出:

« アメリカ食生活 | トップページ | 日本語英語 »

Westcnester Now

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ