« 残雪たっぷり夏時間 | トップページ | イースター休暇にメキシカン »

高校三者面談 その1

若造の面談があった。幼稚園、キンダー、小学校とずーっとConferenceと呼ばれる面談があったが、中学校になってなくなった。勿論希望すれば面談できるし、逆に呼ばれることも…。高校生になって、早半年。来年の履修科目について、希望者は親子三者面談ができるという。もっと上の学年は希望者ではなく、三者面談が義務づけられている。『なにごとも経験』と、料理長と出かける。

 

面談の相手は担任の先生ではなく「ガイダンスカウンセラー」。フレッシュマンと呼ばれる高校1年生では、選択科目は2個くらいしかなかった。後は今までの成績に応じて普通クラスか上級クラスかに振り分けられる程度。しかしこれからはかなり自分で選択するらしい。勿論英語算数理科社会と必修で取らなければいけないのだが、その教科の中に選択できる科目がいろいろある。たとえば理科だと生物、化学…なんていういろいろな科目から選べる。その他に自由選択もあり、ゲーム制作とか陶芸などもある。若造の自由選択した科目全部を履修するとランチの時間がなくなるのでそれでもいいかの確認。(勿論親子そろって却下!)この自由選択は他の学年&人数の関係上全て希望通り履修できるわけではない。履修したい順番ををつける。こうして科目一つ一つをみんなで確認していく。

 

続く…

« 残雪たっぷり夏時間 | トップページ | イースター休暇にメキシカン »

学校・教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校三者面談 その1:

« 残雪たっぷり夏時間 | トップページ | イースター休暇にメキシカン »

Westcnester Now

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ