« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

くじゃく at Stamford 閉店

「お昼何食べるー?」「久々にくじゃく?」「なくなったらしいよ」

 

え゛ー?

 

いつ?なんで?

 

勿論理由はわからないが、数か月前にクローズしたらしい。日本人学校にもお弁当出してたのにね。本当に愛していたのに。

 

こちらのお店は閉店する理由が大きく分けて3つ。

 
       
  1. 儲からなかった
  2.    
  3. 店舗の契約更新で家賃がびっくりするほど値上がった
  4.    
  5. 儲かっちゃったからもうやーめた!
 

どれだったんだろう。いずれにしても場所を移動して近くに再オープンしないかな?どなたか最新情報知りません?

さよならRobin Williams

  

なんだか暇だなぁ。じゃあ映画でも。若造は話題の「The Interview」(北朝鮮の例のやつ)が見たいという。Yonkersでやっているらしいが、あまりにくだらなそうなので、あとでネットでみるということに。で、3作目となりRobin Williamsが出ているこれ「Night at Museum」。前回ネットで前売り券を買ったら1枚につき$1の手数料を取られた。日本と違って入れないなんてことはないので、窓口でチケットを買う。子供向け映画なので家族で楽しみに来ている人がほとんど。(少なくとも第1作は見ておかないと楽しめない。)コメディーなのだが8月に自殺したRobin Williamsが出る度に、しゃべる度に感無量になってしまった。

  

  

そしてなぜか映画にはポップコーンとソーダがなければダメという我が家の男ども。映画が一人$10なのにポップコーンとソーダのセットが$12。えー? はーッ(´○`)=3

運転免許

他州に引っ越した若造の友達が運転免許をとったとか。現地校では若造より一年上。え゛っ?もう?

州によってこれこそ本当に違うのだが、ここNY州では満16歳になってから。2月に誕生日を迎える若造はあと1年ある。

IDを出して(勿論子供だから点数は足りないので、親が補充するらしい。)筆記に受かるとLearner Permit(仮免)が取れる。その後、親が隣にのって50時間練習してから本免試験を受ける。しかしそれまでに最低6か月経たないとダメだとか。だから一番早くても免許を取れるのは16歳半。

早いうちにとっとと取っちゃえば?そうは簡単には行かない。免許を取る=保険料が上がるのだ。友人のところには保険会社から『ディスカウントするよ』と連絡が来ているらしい。

若造の学校はシニア(12年生)になると自家用車通学ができる。(お金持ちがたくさん住んでいる学校区だと、先生はカ○ーラで生徒はB△Wなんてことが起こるらしい。(苦笑))学校までは徒歩40分でスクールバスはない。自分で行ってくれればこんなに楽なことはない。いつになったら取らせようかなぁ?

Holidayは続くよ

 

クリスマスはとうに終わった。日本的にはもうおしまい!飾りもとっとと片づけて!となるがどうしてどうして。まだまだサンタの飾りと夜のイルミネーションは続く。とりあえずお正月まではホリデーだ。ちょっと電気チカチカは日本のお正月っぽくないけれど。どこの家も毎晩毎晩チカチカピカピカが続く。

Holiday Gift from Town

車を停めようとしたらパーキングメーターにカバーが。え゛っ?停めちゃいけないの?なんかのイベントがあるのかな?

よくよく見てみると…

Happy Holiday
Free Parking
2 Hour Limit Enforced

2時間無料パーキングのホリデーギフトだった!

もう~いくつ寝ると♪お正月♪

今日は12月26日。クリスマスの翌日はDay After X;masセールだ。多くはクリスマス商品の残りが超特価で売られる。ラッピングペーパーだったり、クリスマスツリーの飾りだったり…。

で、我が家はと言うと、毎年恒例のクリスマスツリーの片づけに始まり、玄関リースやあちらこちらにくくりつけた飾りの撤去。そしてお正月飾りの登場。

ツリーの横に鏡餅はやっぱりねえ。さぁ、後は大掃除だ。

年末を感じる

道路に白い引っ掻いた後。これは落ち葉拾いのトラックの通った後だ。

 

 

11月から始まった落ち葉拾い。集めた落ち葉を家の前に積んでおくと、街のトラックがやって来て持って行ってくれる。この時にやってくる車が2台。1台は落ち葉を運ぶトラック。もう1台は落ち葉を拾うやつ。これがまた凄い。ショベルカーみたいなものもあり、両側から挟み込んで落ち葉を拾うものあり。

 

 

どっちにしても凄い運転テクニックで落ち葉をどんどんとトラックに積んでいく。しかしその過程で道に真っ白い跡がつこうがお構いなし。この作業も12月末で終わる。雪が降ると積もった雪と落ち葉が混ざって大変なことになるのだが、今年は雪が降っていないので無事に作業も終わるのだろう。これもNYの年末を感じさせる風物詩の一つだ。

クリスマスには豆腐チゲ???

クリスマスイブ。だけど外は雨。なんとなく気分は盛り上がらず。とりあえずでかけようかと出かけた先はHartsdaleの豆腐チゲ専門店

小さなモールにある店構えはお世辞にもファンシーとは程遠い。しかし店内はまだ新しいだけあってとてもきれい。明るく開放的な雰囲気。そしてメニューをみてびっくり。なんと豆腐チゲとビビンバしかない。裏面にはつまみ程度に焼肉とチジミが。注文も変わっている。まず豆腐チゲを選んでシーフードとかベジタブルなどの中身を選ぶ。そして辛さ具合。今回はRegularに。そして最後にコリアンの細麺、ラーメン、石焼ライスを選ぶ。ここはやっぱり石焼ライスをチョイス。

おやまぁ。こんなにやってきた。うずらの卵が別添えでくるので、お鍋の真ん中にポン!どうやって食べてよいのかわからないので、ついてきたボールにご飯をよそって豆腐チゲをかけてもしゃもしゃ。もう最高!あたりを見回すと、コリアンらしい方々はほとんどが麺を食べている。Regularの辛さもそれほどでもない。今度はこの麺+Hotにチャレンジしてみようか…。

So Gong Dong Tofu

メニューはこちら

ホットドッグin Mamaroneck

Mamaroneckには超有名なホットドッグ屋さんがある。なんと95年も続いているWalter's。<.p>

お店はママロネックハイスクール裏手にあるただのホットドッグスタンド。お店の裏にピクニックテーブルがあるので、その場で食べることもできるが、たいていの人は停めてある車の中でパクパク。たかがホットドッグされどホットドッグ。

ここのソーセージは半分に切って焼いてある。肉にもこだわりの配合があるとか。そしてきわめつけはマスタード。Walter's Mustardとして販売(勿論このお店で)されているほどのこだわり。
一個税込$2.40くらいだから格別高いというほどではない。近くを通ったら是非お試しあれ。

Walter's

張り込み

今日こそ、ゴミ屋さんにクリスマスチップをあげなくては。うちのゴミ屋さんは二回に分かれて来る。一回目は各家のゴミ箱からゴミ袋を出して一箇所に集めて行く人。二回目はトラックでやってくる人。この一回目が時には7時過ぎにやってくる。逃しちゃいけないと、六時半からコートを着て窓からずーっと外を張り続け。しかし今日に限って来ない。7時半になっても来ない。はーッ(´○`)=3 結局やってきたのが8時過ぎ。そしていつもは8時半頃やってくるトラックも9時過ぎに到着。早く来すぎてチップをミスしないようにかぁ?と変に勘ぐってしまうほどの遅さ。この時期になると(チップを渡すために)みんな、朝から家の周りを掃いたりしながら、ゴミ屋さんが到着するのを待つ。まさにホシのアパート前で張っている刑事の心境。アンパンと牛乳が欲しかった。

クリスマスカード

毎年この時期には飾りきれないほど、たくさんのクリスマスカードが届く。しかし今年はさっぱり。急に友達が減ったとも思えず、きっと25日の朝にメール、フェイスブック、LINEなどでメッセージが来るのではと期待している。

個人的にはやはりカードが好きだ。○○ちゃんからだ。△△さんだ。と開ける楽しみがある。ということで、我が家は今年も日米+イギリスやベトナムなどにせっせとカードを送った。今年の様子で、来年はどうなるか…。

クリスマスはもうそこまで迫ってきている。そしてその先にはお正月。最後の買い物に東奔西走の日々が続く。

Westchester No.1 バナナクリームパイ

一昔前はお友達全員が知っていた。しかし最近では「えー?どこですか?」「初めて聞きました」という方が増えているので、またまたご紹介。

このバナナクリームパイ。正真正銘アメリカのベーカリーのもの。その証拠に圧巻このクリームの量。しかしそれほど甘くないのだ。

バナナの入ったバナナクリームの上にホイップクリームがドッカーンと乗っている。しかしこのクリームがなんとも軽い。そしてお値段もかなり軽い(最近どんどん値段が上がっているがそれでも$15)

町の小さなベーカリーという感じのお店はなんと週末金土日しかオープンしない。是非お試しあれ!

Gallowey's Country Kitchen

お薦めおせんべ

最近凝っているのがこれ。トレジョことTrader Joe’sのおせんべ。ポップコーンやチップスなんかと一緒に置いてある。胡麻風味で結構お醤油味。そして結構たくさん入っているのにお値段が$3弱($2.70くらいだった気が…)とお得。勿論日本の●●の△△…などとこだわりのブランドにはかなわないが、普段のお茶請けには十分!

トレジョには日本風なものが結構ある。冷凍のエビ天、野菜かき揚げ、炊き込みご飯風、勿論枝豆…。(冷凍おにぎりもあったのだが姿を見ないので絶版か…。残念)。日本食ブームが進むとどんどん住みやすくなるなぁ。

サンタと写真を撮ろう!

サンクスギビングを過ぎると街はホリデーシーズンへと突入する。一応キリスト教のChristmas(12/25)、ユダヤ教のHanukkah(2014年は12/16~12・24)、宗教色はないがアフリカンアメリカンのKwanzaa(12/26~1/1)などがあるため、「クリスマスシーズン」とは言わずに「ホリデーシーズン」と言う。しかし主流派やはりクリスマス。モールなどには巨大なクリスマスツリーが飾られる。

 

 

そして勿論サンタもやってくる

 

 

場所によってサンタもまちまち。(ちょっと痩せてたりすることもある)大人気スポットで週末午後には長蛇の列が。平日か休日なら午前中早目がねらい目。(日曜だけ、週末だけなどサンタ登場の日時はまちまち。Webでしっかりチェックを。)

 

このサンタ。ちなみに何を言っても、笑顔でうなづくだけ。何語でも何のお願いでも大丈夫!笑

興奮パン屋

もうかれこれ5・6年前に「是非行ってみてください」と勧められたのがここRockland Bakery。その名の通り、Tappan Zee Bridgeを渡った向こう側。なかなか訪れるチャンスがなかった。

お店の裏側に大きな駐車スペースがある。一見なんの変哲もないお店には、ひっきりなしに人の出はいりが。そしてドアを開けて一歩店内に。何の変哲もないBakeryだ。しかし左手奥から続々と人がやってくる。はて?

行ってみてびっくり。いきなりパン工場の中に。棚には出来立てのパンがボンボン置いてある。(興奮しすぎて写真がブレブレ 苦笑)

大きなマシンには、パンが乗って流れていく。ここで気に入ったパンを取ってBakeryのレジに行く。その途中にはハムなどを売っているDELIコーナーも。

人気なのがわかる。結構もちもちして美味しい。お近くに行った際には是非お立ち寄りを。

Rockland Bakery

あー忙しい

サンクスギビングが終わったらのんびりしていてはいけない。かぼちゃの飾りつけはとっとと片付けて、クリスマスにしなくては…。サンクスギビングウィークエンドに、ツリーを買いに行く家庭も多い。早速切りに行く人も。

クリスマスカードも着手しなければ。昨今では、SNSの普及で電子で済ませる人も多いようだが、やっぱり貰うと嬉しいし、飾るとクリスマス気分が盛り上がるので、せっせと送っている。日本へのお歳暮。学校の先生、習い事の先生へのクリスマスギフト。郵便屋さん、ゴミ屋さんなどへのクリスマスチップ…。はーッ(´○`)=3

World Aids Day

昨日12月1日は、世界AIDS DAY。その名の通り、世界レベルでのエイズのまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的に、WHO(世界保健機関)が1988年に制定したもので、毎年12月1日を中心に、世界各国でエイズに関する啓発活動が行われているそうだ。

 

ここNYのタイムズ・スクエアでは、なぜかイギリス(本当はアイルランド)出身のU2がパフォーマンスをする予定だった。しかし、ボーカルのボノが先月の自転車事故からの療養中(セントラルパークで他の自転車をよけようとしたらしい)ということで、急遽Buruce SpringsteenとColdplayのボーカルChris Martinが出演することに。

 

最近いろいろな支援イベントのシンボルにリボンを目にする。乳がん啓発キャンペーンのピンクリボンもその一つ。今回のAIDS DAYは赤いリボンがシンボルとなっている。NYのアーティストたちが、AIDSで死亡した仲間たちに対する追悼の気持ちとエイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を示すため、“赤いリボン”をシンボルにした運動が始まったそうだ。1988年から始まったこの運動。今年で26回目となった。

12月になって

今日はサイバーマンデー。しかし、ここのところブラックフライデーと共に名ばかりとなりつつある。ネットでのホリデーショッピングはとっくのとうに始まっているのだ。(ついでにブラックフライデーも木曜日の午後6時スタートなんてことに。勿論サンクスギビングのターキーそっちのけで、当日朝から並んでいる人がいた。)

そして明後日の水曜日はマンハッタンにあるRockefeller Centerのクリスマスツリーの点灯式。勿論ツリーもとっくのとうに11月の最初の週には届いている。

今年のツリーはペンシルベニアから。何年か前にここRockefeller Centerの庭師のヘッドが高速道路を走っていて見つけたもの。すぐに高速を降りて写真を。しかし残念ながらその時はまだちょっと…もう少し…という感じだったそうだ。そして当時の持ち主も『ダメ!』ということでいったん話は流れた。しかし2年前に持ち主が変わり、今年のツリーとあいなった。5 foot(約26m)、13tの大きなモミの木は、155 mile(約250km)の長旅の末マンハッタンに到着。45,000個超のLEDライトとテッペンには9.5 foot(3m弱)のSwarovskiの星が輝く。
ツリーのライトアップは12月3日〜1月7日まで。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

Westcnester Now

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ