« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

冬はそこに…

来週末(11月2日)、冬時間の始まり。日曜日の朝2時に時間が1時間遅くなる。冬時間になる時は遅くなるので、時計をずらすのを忘れても、遅刻にはならないのでちょっと安心。それより、今までより1時間遅くてよいので、しばらくの間、朝に余裕が生まれる。

 

そして、この冬時間が始まる当日に、毎年恒例のNYCマラソンがある。その昔は、出場している友人の応援に、延々とセントラルパークの沿道で待っていたが、今は位置情報で一発でわかる。応援する方も楽々だ。

 

そしていよいよサンクスギビング(11月27日)へと突入。そしてその翌週の水曜日(12月3日)には、これまた恒例のRockefeller Centerのクリスマスツリーの点灯式だ。いよいよクリスマスシーズンに突入。

 

クリスマスカードの準備も大事だが、ホリデー用の切手の準備も早々にお忘れなく。

Holloweenの準備

カトリック教会で11月1日に祝われる「諸聖人の日」。Hallow(神聖なものとしてあがめる)+eve(前の日 ※クリスマスイブ)。"Hallows eve"が訛って、"Halloween"と呼ばれるようになったとされている。なんだかこの日には、死者の霊が家族を訪ねてくるとか。要するに日本のお盆。でもそれと一緒に悪霊とか魔女なんてのもやってくるので、仮面をかぶって火を焚いて魔除けをしたそうだ。で、仮装をしたり、カボチャをくりぬいてロウソクを立てたり…と発展したようだ。

 

さてさて、そろそろハロウィーン用にお菓子の用意をしなければ。ドラッグストアやスーパーには大入りお徳用パックが山積み。学校の近くなど子供がたくさん通る家では、これがいくつあっても足りないとか。日本のお菓子をいくつも袋詰めにして用意するお宅もあるようだが、アレルギーのことを考えると、広く一般に配布する物は、その辺で売っているよく見かける誰でも知っているものの方が安心だ。お母さんたちには一目で、我が子に大丈夫なものか否かがわかる。

 

もし余った時のことを考えると…。子供が持ち帰った大量のキャンディー類のことを考えると…。

 

 

胃が重くなってきた…。

Hudson Valley Restaurant Week

 

11月3日~11月16日は、Hudson Valley Restaurant Week。ランチは$20.95、ディナーが$29.95のコースが用意される。普段行かないようなレストランでも気軽に足を運ぶことができる。

 

しかししかし…。人気店は予約ですぐいっぱいになるので、今から計画を立てたほうがよい。

 

参加レストランなどの情報はこちらからどうぞ。   
↓ ↓ ↓ ↓

 

Hudson Valley Restaurant Week

冬の準備

朝起きてびっくり。これが体感気温。シーズン平均よりかなり寒い。勿論ヒーターもスイッチオン。

もう少ししたら、外の水道は水抜きしないと凍って破裂してしまう。大元のバルブを閉めて、外にある蛇口は開放する。すると水道管に残っている水が出てしまうので、たとえ氷点下になっても凍って破裂することはない。これを怠るとこんなことになってしまう

その前に落ち葉の掃除と、ガレージの排水溝の掃除もある。ガレージの入り口あたりにある排水溝に溜まった落ち葉や泥はすっかりきれいにしておかないと、これからくる雪のシーズンとその先の春に恐ろしいことになり兼ねない。冬は寒いので勿論たまった雪は凍る。そして春先にそれが溶け出したり、雨が降ったりしたときに、落ち葉や泥が行く手を阻んで流れない→あふれ出てガレージ水浸しというストーリーになる。

あと2週間で冬時間の始まり。来月末くらいには上記の作業は終えておきたい。

今から作る?ジンジャーブレッドハウス

 

町はハロウィーン一色なのにお店は早くもクリスマス。忙しいシーズンが始まる…。うかうかしてはいけない。クリスマスカードの準備もしなくては…。

 

しかしこんなの買って帰ったら、子供は作りたがるだろう。今から作ったら、クリスマスまでに原形をとどめるのだろうか?

ハロウィーンの準備

若造もハイスクールともなると、ハロウィーンのTrick or Treatは全く関係なくなる。ということでここ数年コスチュームともとんとご無沙汰。

分かってはいるのだけれども、なかなか子供を連れてコスチュームを買いに行くのは面倒。学校では、もう着なくなったコスチュームを集め、その中に欲しいものがあればもらってよいなんて素敵な交換システムのあるところもある。

小さい女の子の定番はプリンセス。男の子もヒーローものが多い。少し大きくなると魔女と死神なんかが定番。若造は面倒になって、ターキーが上に載っている帽子をかぶるだけなんて年もあった。

ハロウィーン当日までまだ2週間ある。ネットでもたいていのものは間に合う。とにかくコスチュームはこの週末が勝負。

ハロウィーンに行きたいところ

Six Flags

The Great Jack O'Lantern Blaze

Horseman's Hollow

写真がないところは行ってからのお楽しみ。

ハロウィーン本番

コロンバスデーのウィークエンドはハロウィーンの飾りつけをする家が多い。

毎年エスカレートするはす向かいのボブおじさんの家。今年も飾りが増えている…。

我が家もパンプキンぐらいは飾るのだが、これがなかなか買うタイミングが難しい。あまり早く買うと、底の方から腐ってくる。リスなどの動物の襲来に会うことも。でもあまりぎりぎりだと気分が盛り上がらない。今年は我が家の若造くんは彫るのかなぁ?

Yonkersの絶景レストラン

 

やっと行けたレストランX2O。Yonkersの駅近くの線路を越えた川沿いにある。

 

 

店内は明るく広々とした感じ。

 

 

ランチのメインのチキンが来てびっくり。この量はディナーの量だ。

 

 

デザートは別腹。今のシーズンはパンプキンタルトがいちおし。これが全く甘くなくて最高。

 

 

川下にGeorge Washington Bridgeとその向こうのマンハッタンのビル群

 

 

対岸のNJは紅葉が始まっている。もう1~2週間で見ごろになるのだろう。

X2O

いか惨敗(三ばい)

昨年あたりから、Greenportでイカが大漁らしい。なんだか先週も釣れたとか。

2時間ほどのドライブでこんな素敵な海辺の町へ。この手前には有名なワイナリーが軒を連ねる。シーズンなのであちらこちらでテイスティング。そして大きな広場ではハーベストのイベントが行われている。

結果は…惨敗…三ばい…

初ブラックフィッシュ

今年は料理長のあたりがよい。解禁すぐにブラックフィッシュを釣った。17インチ

半分は湯豆腐に、そして半分はお刺身に。あっさりしているけれども、身はしっかりしていて美味しい。

調べてみるとこのブラックフィッシュ。びっくりするほど大きくなるらしい。次はもっと大きいのをお願いします。

あるこー♪あるこー

天高く私肥ゆる秋

いいとこあるんだよ。と料理長に誘われて行ったのが、Stamfordにある『Cove Island Park』。I95の9番出口。ちょっとウォーキングに行くって距離じゃないんだけど…。

ここは、コネチカットの方には有名な場所のよう。公園の入り口には小さなヨットハーバーがある。 もうこれだけで気分は全開。

ここの公園はとにかく広い。公園をほぼ一周する遊歩道があるのだが、これが約1マイル。

ビーチもあり、お天気がよい日には本当に気分爽快!

釣りのできる場所もある。(どうやら料理長は明日の釣りの実地検分に来たかったようだ。苦笑)

犬を散歩させている人、ウォーキング、ランニング、自転車、スケートボード。芝生ではサッカーやら凧揚げやら。ビーチではビーチバレーにBBQ。みんな秋の暖かな日を思い思いに過ごしている。しかし広いのでちっとも混んでいない。

Cove Island Park

こちらのパーク。勿論入場するにはパークパスなるものが必要。しかし、パーキング代が必要なのはメモリアルデーからレイバーデーまでの間だけ。9月の第1月曜日を過ぎてしまえば、無料で誰でも入ることができる。

下水逆流

ベースメントにある流しが詰まっている。洗濯機とつながっているので、洗濯で出た排水がここに溜まってとうとうあふれ出た。ただの排水溝の詰まりと思って、掃除をしてみるも効果なし。しょうがないから頼みの向かいの水道屋のボブおじさんの家に駆けこむ。しかしおじさんは「下水はやらないよ。機械もってないからね。」とつれない返事。このままでは、トイレも台所も使えない。(もっと逆流したら怖いから…)。ボブおじさんにもらった下水道屋の番号に電話する。時刻は夜の6時半を回っている。もしこのまま業者が見つからなかったら…。

その辺はボブおじさんも心得たもの。大手で夜もやってくれるようなところを紹介してくれたようだ。1時間ほどで来てくれるとのこと。待つこと30分でほどなくテクニシャン到着。いろいろ調べてもらってびっくり。

下水管の外へ通じる部分が詰まっているとのこと。勿論いろいろなゴミもあるだろうが、いつの間にか入り込む木の根っこも大きな原因の一つだとか。我が家の場合は何が詰まっていたのかわわからないが、マシンの先に掘削するようなものを付けては下水道の奥深くまでグリングリンともぐらせていく。終わると先っちょの掘削機を取り替えてまたまたグリングリン。

きっとこんな感じだったんだろうなぁ。

下水の逆流はback upという。ちなみに詰まった排水溝などはclogged pipe。下水が詰まることは結構よく起こる。我が家の場合は洗濯機の水程度のバックアップだったので、本当にラッキーだった。ベースメントにトイレの流したものまでバックアップして…。なんて話もよく聞く。我が家では初めて起こったのだが、あちこちで結構起こっている。日本では聞いたことがないのに…。それだけ自然が多いのか?それとも??

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

Westcnester Now

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ