« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

安全対策

NY総領事館からのメールを見てびっくりした。真昼間の地下鉄で日本人の人が殴られて大けがをしたというのだ。ユニオン・スクエアから6番に乗ってすぐの車内でのことらしい。

 

マンハッタンではスリ、置き引きなどは考えられるが、真昼間にこんなことが起こるなんて信じられない。やはりいつでもどこでも用心するに越したことはない。

 

いつのころからか領事館が、このような情報をメールでくれるようになった。過去の情報もWebサイトで見ることができる。詳しくは下記から

 

在ニューヨーク日本国総領事館 緊急情報ページ

 
 
 

子供のことは自分のこと以上に心配だ。ここアメリカではMegan's Lawと言う法律により、性犯罪者の情報が公開されている。(1994年の暴行殺人事件の被害者メーガンちゃんの名前から来るもので、犯人が再犯者だったというところから、被害者を増やさないように、自己防衛できるようにとの観点からできた法律である。先進国ではアメリカ、イギリス、韓国がこのような情報公開をしている。)性犯罪で有罪になった者が刑期を終えた後もその情報を登録し、一般に公開する制度を規定している。内容は各州によって差があるが、出所(仮釈放)時や転入・転出に際して、住居周辺の住民への告知が行われる。学校からは、学区域に該当者が入居すると知らせが来たりする。Webサイトでも分布図などを見ることができる。(Sex Offender Mapなどのキーワードで検索できる)

 

こういう人が全くいない場所というのはないだろうし、そもそも再犯するかどうかなんてわからない。しかし、なんとなく知っておきたい情報の一つだ。

ティーンエイジャーには飲茶

夏休みにしなければいけないことの一つにチェックアップ(身体検査)がある。次の学年に進むときには、メディカルフォームが必要になることがあるのだ。学校のスポーツクラブに入るときには、必須。(子供のチェックアップの結果は、1年間有効らしいので、誕生日などに受けておけば、フォームだけすぐに記入してもらえる。)

ハイスクールのクラブは8月半ばから始まるので、メディカルフォームを予め用意して提出しておかなければいけない。そんな訳で、休みに入ってすぐに若造とともに自分もチェックアップ。検査が終わって待合室に戻ると…!ひえッー!大大大のお友達が!お子さんと共にフォームを取りに来たとか。お昼には少し早いけれどもティンエイジャー二人は、既に空腹モード。それではと近くの飲茶に。

親がおしゃべりしている間に、勝手にびっくりするほどの量を注文。次々とやってくるお皿を次々と平らげていく。

お陰で、食べたいものは全て注文できた(笑)。いつもは、外食ではなかなかお腹がいっぱいにならず、悩み多きお年頃。しかし、飲茶では真価を発揮することを発見した!


Central Seafood(東旺閣)

Tel: (914) 683-1611
285 N. Central Ave.
Hartsdale, NY  10530

愛しのヒラメちゃん

ポカッと料理長の日曜日があいた。それでは久々行きますか。
狙うはヒラメちゃん!昔はNJとNYでお持ち帰りの大きさが異なったのだが、今年は18インチ(45センチ)以上で一人5匹までと一緒。のんびり船から糸を垂らそうと向かったのはロングアイランド。小船を借りていざ出発。やはりお魚ちゃんは朝と夕にお腹がすく。糸を垂らしてすぐにかかる。どんどんかかる。


なんと最初の2時間で7匹。


うち19インチと21インチ(48センチ、53センチ)の大物2匹も。この時点でお持ち帰りが2匹。夕飯は安泰だ。


帰ると早速料理長の出番。ヒラメの薄作り完成!


翌日は残りを昆布じめにして押し寿司。

ごちそうさまでした。

サッカーはお好き?

日本のニュースを見ていると、スポーツコーナーはサッカー一色。特に日本が出ていた時などは凄かった。しかしここアメリカでは…。(勿論アメリカも途中で負けてしまったので…。)

準決勝の中継はスポーツ局のESPN。決勝になってやっとABCが放映したが、普段通りゴルフを放映していたキー局も。

スポーツバーなどで盛り上がっている人々の様子も放送されたし、自分の祖国が…という人たちは、結構一生懸命の応援。しかし、メディアではあまり取り上げられない。サッカーをやっている子供たちはこんなに多いのに…?メディアで何をどうコントロールしているのだろうか?

Yankee’sの悲劇

ここのところマー君の調子が悪い。3連敗。と思ったら、肘の靭帯の調子が悪くてなんと15日のDL(Disable List)に入ってしまった。もともと、お疲れだったのでオールスターはベンチには入るが、ヤンキースが投げさせないと言っていたけれども、完全休養となるのだろう。

なんてびっくりニュースの後に、どん底ニュースが。なんと靭帯部分断裂で6週間戦列離脱。経過によっては手術も。そうなったら1年以上は…。

Yankee'sはボロボロだ。先発ローテーションピッチャーのうち、2人は今シーズン戦列離脱。 CC Sabathiaもいつ戻ってくることやら。黒田とマー君、二人の日本人が支えていたのに…。これでマー君がいなくなったら黒田のみ。

Derek Jeter最後の年。相変わらずどこの球場へ行っても、彼への最後の惜しみない拍手はすごい。しかし、優勝して有終の美を…なんてのは夢どころではない。シーズン最後まで人手が足りるのだろうか?

P.S. マー君見といてよかった!

Happy 4th of July!!!

あっという間に独立記念日。今年もすでに半分終わってしまった。

ここのところずーっとウェストサイドで上がっていたマンハッタンMaci'sの花火も、今年はイーストサイドに戻ってきた。

我が家は恒例の地元ママロネックハーバーでの花火。9時半始まりの予定だが、両サイドRyeとLarchmontの花火が終わってから、おもむろに上がり始めた。だいたい9時45分くらい?

ここのところ雨続きで、今年は行くのやめようか?なんて話したくらい。肌寒いほどだったが、やはり例年通りのすごい人出。これなくしてはNYの夏は語れない。

Happy 4th of July!!!

シーフード @City Island

夏がく~れば思い出す…。海・海・海。♫ そして山盛りのシーフード。しかしバケーションに行かなくてもそんな雰囲気を楽しめるところがここCity Island。その名の通りBronxに隣接する小さな島。島の真ん中に目抜き通りが通っている。その距離たったの2.4km。島の横幅も広いところでやっと1km。目抜き通りに少しお店があるものの、あとはただの住宅地。でもすぐそばに海があるってなんとなく江の島あたりを走っている気分!

ここには何件かのシーフードレストランが立ち並ぶ。別に格別なんてことはない。ロブスターや海老、貝類を焼いたり蒸したりしてびっくりするような大皿が出てくる。今日はその中の一つLobster Boxというお店に行ってみる。(シーズンということもあってどこもかしこも大混雑。駐車場もない。しかしここだけ駐車場があったので…。)


アペタイザーは牡蠣と蛤を生で。


アラスカンキングクラブは蒸して。


これはなんだかシーフードミックス


お店の名前の通りロブスターのコンボ

大きな窓からは海の眺めのきれいなレストランだった。島の先端にはカジュアルに外で売店っぽくシーフードが食べられるところもある。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

Westcnester Now

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ