« Let’s Go Yankee’s | トップページ | 卒業式 »

日米単語の覚え方

学校も後数日でおしまい。だが、最後の最後まで「学年末テスト」があるようだ。目下のところフランス語と社会科が残っている若造。

 

若造はフランス語の単語を覚える際に、「漢字方式」でひたすら書く。何度も書く。ずーっと書き続ける。それを見たアメリカ人の友達が「いったい何してるの?」彼らは書かないらしい。フラッシュカードと呼ばれる大きな紙をいわゆる『単語帳』として使う。それをただ見るだけ。書かない。ただただ見るだけ。若造は「俺はいつもこうしているから」と答えるがどうも無駄な努力をしているように見えるらしい。

                     
merci
 

書かないでどうして覚えられるの?eとaなんて曖昧な部分は書かないと絶対に覚えない…。親も宿題で漢字30回ずつ…なんてやってきたので、どうしてもこれは理解できない。

 
 

また、これは全くの別件だが若造の走り書きに面白いものを見つけた。英語と日本語が綺麗に混ざっているのだ。たとえば…

 

I have to go to いえ at 6じ。

 

のような感じ。若造の頭の中には英語と日本語(アメリカ文化と日本文化)の境がないのだろうか…。羨ましいようなちょっぴり心配なような…。

« Let’s Go Yankee’s | トップページ | 卒業式 »

生活」カテゴリの記事

学校・教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日米単語の覚え方:

« Let’s Go Yankee’s | トップページ | 卒業式 »

Westcnester Now

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ