« 季節到来! | トップページ | 今度は違反切符 »

通訳

4月に入るとNY州のステートテストが始まる。まずは月初に英語。そして月末に算数。少し休んで5末に理科だ。英語と算数は3年生~8年生が受ける。理科は4年生と8年生のみに課されている。

このテストの結果は、成績には関係ないと言われているが、平均点や到達度などが発表されるため、各校とも 万全の態勢で臨む。また、ESLを受講中の子供たちにもいろいろな配慮がある。受講年数などによって、英語の試験の免除や時間延長、また算数と理科には通訳がついたり…。

若造の学校では、随分と前からこの『通訳』を親がボランティアで受け持って、学校の通訳費用軽減に貢献している。しかしこれも、通訳する親が多くて対象の子供が少ないうちはいいのだが、逆転すると負担が大変だ。

今年はどうしてもこの人手が足りないということで、僭越ながら4年生の理科をお手伝いすることになった。勿論、通訳ができるほどの英語レベルなんて全くない。しかし、こちらは辞書持ち込み、携帯持ち込み可、そして過去問を勉強する時間があるということで挑戦することに…。

過去問をあけてみてびっくり。知らない、不確かな単語がいっぱい。しかし流石にこちらは大人だから、多少あやふやな単語があっても4年生程度の理科なら答えられる。ほとんどが4択なので答えだけ見て問題を読まなくても答えられる。しかし通訳となるとそうはいかない。大人にとっては簡単な単語も、子供には??となる可能性もある。答えに直接つながらない簡単な日本語訳をと考え始めるとこれまた厄介だ。

仕方ないから若造に頭を下げる。辞書と若造を両手に勉強の日々が続く。

« 季節到来! | トップページ | 今度は違反切符 »

学校・教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通訳:

« 季節到来! | トップページ | 今度は違反切符 »

Westcnester Now

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ