« ブラジリアン 肉・肉・肉! | トップページ | Greenwichのおしゃれレストラン »

Ash Wednesday

今日はAsh Wednesday。その名の通り灰の水曜日。おでこの真ん中に黒い印をつけている人がいる。

カトリック教会では、この日、キリストの受難・死を想い痛悔する印として信者の頭に灰をかけたり額に灰をつけたりするため、 灰の水曜日と呼ばれる。額の真ん中に黒い灰をつけて一日を過ごす。

そしてこの日よりイースターまでの46日間(日曜日を除いて40日間と数える)は、レントと呼ばれキリストの荒野での断食に因んで、何か食べ物を絶つ。その昔は、前日までに食糧庫をきれいにする→買い置きの粉や砂糖を使って甘いものを作って食べてしまう→甘いものを絶つ。という流れだったようで今でも甘いものを断つ人が多いようだが、贅沢なもの、好きなものなど人それぞれ断っている。この間にアメリカ人宅に呼ばれる際は、食べ物よりも花などを持参するほうがよいだろう。 Ash Wednesdayは、イースターの46日前となっている。しかしその基準のイースターが「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」ということなので、必然的に両方とも毎年日が変わる。 (今年の場合は春分が3月21日(水)。しかし今年の場合、満月はその週の16日に終わってしまっているので、その後の満月は翌月4月15日。なのでイースターはその次の日曜日4月20日となる。昨年は3月31日だったので1か月近く遅くなっている。)

EasterもAsh Wednesdayも春分やら満月やらで1か月くらい平気で変わる。でも早くても遅くても、なぜかAsh Wednesdayが来ると春が来る気がする。

« ブラジリアン 肉・肉・肉! | トップページ | Greenwichのおしゃれレストラン »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ash Wednesday:

« ブラジリアン 肉・肉・肉! | トップページ | Greenwichのおしゃれレストラン »

Westcnester Now

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ