« 試験シーズン | トップページ | いい加減… »

Groundhog Day

2月2日はグラウンドホッグデー。

別に動物愛護の日ではない。このかわいいモグラみたいなどうやらリスの仲間?が春の訪れを占うのだ。

占いは簡単。この子が巣穴から出てきて、太陽を見るとまぶしくて?びっくりして?また巣穴に戻るから「冬はあと6週間続く」。晴れていなければ(たとえどんなに寒くても?)巣には戻らないので「春近し」となる。なにも寝ている子を起こして巣穴から引きずり出す必要はないのだが、それはご愛嬌。

グラウンドホッグデー協会によるとこの天気予報は過去75%~90%の確率で的中しているそうだ。しかし実際に過去30~40年の13都市の天気を調べると的中率は34%に下がるとか。まぁ、そう固いことは言わずに…お祭りなんだから…

ペンシルベニアには元祖グラウンドホッグのフィルというのがいる。ここNYにはスタッテンアイランドにチャックというのがいる。

ちなみに明日はすでに晴れないことが決定している(?)。ということは『春近し』となるわけだが、今年のこの寒さ。果たして当たるのかぁ?

グラウンドホッグデー協会

« 試験シーズン | トップページ | いい加減… »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Groundhog Day:

« 試験シーズン | トップページ | いい加減… »

Westcnester Now

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ