« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

ステートテスト

先週今週と我が家は平和である。小僧も本当にイイ子!(笑)なぜならNY州のステートテストがあるため、宿題がほとんどないのだ。また学校の授業もこのステートテストを中心に行われているため、フランス語などの関係ない科目もあまり新しい重要なことは習わないらしい。

このステートテストの結果はネットなどで発表されているので、どこの学校が一番などすぐにわかる。学校もこの結果をとても気にして、練習問題をたっぷりやり、「前の晩はゆっくり寝るように!もし心配ならお気に入りにのぬいぐるみなどを持ってきて気を落ち着かせてもよい」などの手紙を配り、気持ちを落ち着かせるミントキャンディーを配ったり…。

しかししかし…。今までの小僧の成績を見る限り、このステートテストはそれ程難しいものではない。数学の得意な日本人の子なら、満点若しくはそれに近い成績が軽く取れるような内容だ。しかし公立校である以上、いろいろな子供がいるので、良い成績の子もいればあまり芳しくない子がいても当たり前。このステートテストの結果は、個人・学校ともに全く気にするに値せず!というのが最近の我が家の結論だ。そしてこの結果は成績には反映されないらしい。ますますもってラクラクな2週間をありがとう!という歓迎すべきテスト週間だ。と思ったら…今日はレポートカード発送の日。こちらでは小学校のうちは成績表は先生から手渡しされるが、中学校以上になると家に郵送される。勿論ネットでもチェックできる。こちらこそどうでもいいやーというわけにはいかない。

さぁ。大きく深呼吸して。ネットの成績表のページを開けるぞ はー(´○`) =3

突撃インタビュー

「ちょっとボブおじさん家に行ってくる。」そういうなり小僧は出て行った。え゛ー?いったいなに?戻ってくる小僧を待ち構えて聞いてみると『インタビュー』をしてきたのだそうだ。ボブおじさんとはうちのはす向かいに住む水道工事屋のおじさんだ。小さいころから小僧たち近所の子供をとてもかわいがってくれた。

そういえばその昔『働くおじさん突撃インタビュー』でこのボブおじさんにお世話になったことがある。(そのときの様子はこちらからどうぞ)今回は「クリエイティブライティング」という科目らしい。前回は地域で働くおじさんということで、地域との関わりをインタビューしたが、今回は何を聞いてもいいという。小僧はおじさんの歴史を聞いてきた。最初はペンキ屋さんだったがある時10mくらいの足場から落ちて大怪我をしたとか。

こちらの学校では、こういったインタビューものが時々ある。近所にボブおじさんのような人がいると本当に助かる。

注意!Poison Ivy

長い寒い冬が終わり、春もたけなわ。そうすると『ポイズンアイビー』のシーズン到来。アイビーというからにはつたの形状?と思うが、いろいろなパターンがある。普通の雑草に見えるものもざら。

触ってしまうと7割以上の人がひどいかぶれを起こすという怖いもの。またその毒素の生命力も強く、踏んだ靴裏についたもの→カーペット→子供なんてことも。また山火事でポイズンアイビーの煙を吸った消防士さんが緊急入院ということもあるそうだ。

この時期は葉っぱが少し紫っぽいものもあるが、しばらくすると全部緑色になるものも。とにかくひとつの茎の場所から3枚の葉っぱが一緒に出るのが特徴だという。アメリカには見分け方の詩もある。

  1. Longer middle stem; stay away from them.
  2. Leaves of three; let it be.
  3. Hairy vine, no friend of mine.
  4. "Raggy rope, don't be a dope!
  5. One, two, three? Don't touch me.
  6. Berries white, run in fright and Berries white, danger in sight.
  7. Red leaflets in the spring, it's a dangerous thing.
  8. Side leaflets like mittens, will itch like the dickens.
  9. If butterflies land there, don't put your hand there.
  10. If it's got hair, it won't be fair.

3枚葉っぱがついていたら要注意!絶対に手で抜いてはいけない。poison ivy killerなどの除草剤を撒くのが得策。またもし触ったり汁がついたら、流水で洗い流す。傷がなくても皮膚を染みていくらしいので、強い水圧で押し流すようにすると随分とよいらしい。

シーズンスポーツ

アメリカも中学生になると学校のスポーツクラブに所属できる。これは7年生から始まるもので、ちゃんと入部テストもある。そしてアメリカらしくこのスポーツもシーズンもの。春は野球やテニス。秋はサッカー、バスケなどなど。あっと気がつくと6年生もあと数ヶ月でおしまい。学校のカレンダーを見ると「秋のスポーツの説明会」なるものが…。

小僧にクラブ何かやりたいのあるの?と聞くと意外や意外「うまいかどうかわからないけど野球がしたい」と初耳の答え。でもさぁ。野球は春のスポーツ。ティッシュを片時も手放せないこのシーズンにアウトドアの野球はね。まぁ。入部テストに受かってから考えよう。じゃあこの夏は料理長とキャッチボールだ。ガンバレ!

恐るべしHMart

「この後どうするの?」「HMartに行くの」こんな会話をしていたら、   
「この間GAPに行ったら、そこのおばさんに『あなた、HMart行った?』って聞かれたの。『まだ行ってない』って答えたら、『あそこはいいわよ~』って言われたわ」なんて声も。    
「何買うの?」と聞かれて「とりあえずお豆腐」するとまたまた「あの丸い棒みたいなやつでしょ?あれ美味しいよね」次から次からいろいろな人が会話に入ってくる。笑   
最近のわれら主婦の会話はもっぱらHMart。あれが美味しかったとかあれはちょっと失敗だったとか…。はーッ(´○`)=3 なんと現実的な色気のない会話…(-_-;)

 

 

これがその棒みたいなお豆腐。パッケージからニュルンと棒状の豆腐を取り出す。輪切りにするとなんだかモッツアレラチーズのよう。しかしこれがまた結構お豆腐の風味がして美味しい。(真空パックだから?)日持ちがするのもうれしい。ついついいっぱい買いだめ。

早く終われ~ 花粉シーズン

毎年毎年、我が家の男性陣はグシュグシュグシュグシュ大変なことに見舞われる。今年は暑かった、雨が少ないなどのせいか、いつもより早く飛んでる飛んでる大量に飛んでる~らしい。
一人涼しい顔をしてすごしていたのだが、補習校に小僧を下ろして帰ってきたらひどい頭痛に襲われた。薬は極力飲まないのだがあまりにひどいので、Tylenolを服用。1時間ほど横になるも改善せず。料理長が、もしかして花粉症じゃないの?まさかぁ。だって鼻も目も喉も全くなんともないんだよ。しかし、この頭がもげそうな痛さは耐えられないと、わらをもすがる思いでClaritinを飲む。するとすると…。あっという間に頭痛が消えた。え゛っー!鼻水もくしゃみも涙も目のかゆみも咳ものどの痛みも…何にもないのに。

どうやら巷にはびっくりするほど沢山の花粉が飛んでいるようだ。花粉症でなくてもなんだか反応してしまったのだろう。花粉症の方も花粉症でない方もご用心あれ!

ガカモーレ

買い物をしていると突然小僧が「最近ガカモーレ食べてないねぇ」。そうだねぇ。近くのメキシカンレストランが店をたたんでからとんとご無沙汰。ではとチップス、アボカド、ガカモーレミックスを揃える。ガカモーレは玉ねぎ、トマト、チリ(ハラペーニョとか?)、ガーリック、をみじん切りにしてアボカドと混ぜればできる(ように見えた。前出のレストランでは目の前で作ってくれたがそんな感じ)。でもなかなか面倒。でこのガカモーレミックスの粉登場!混ぜればそれなりに味があって美味しい。(本当はマコーミック製がスパイシーで美味しいのだがこのあたりでは手に入らない。写真のものは、ママロネックのFood Cityにあるもの。この辺りではこのスーパーでしか見かけない。)残念ながらアボカドが固くて硬くて堅くて…。あと2~3日しないとちょっと無理。でも丁度Coronaビールもないから買いに行こう!

すっかり夏気分100%だ

補習校の仲間

小僧が興奮してやってきた。   
「5月に6年のクラスの男子でボーリングに行くんだって!メールが入ってた。」

 

小僧は補習校で中等部に進学した。6年生のクラスには9名の男の子がいたが進学したのは3名だけ。しかしみんなでまた会おう!遊ぼうというらしい。    
昨年あたりから小僧は補習校が楽しくてしょうがないという感じだ。もちろん勉強はイヤでしょうがないし、宿題をやれとせっつかれては、度々(どころではなく毎週)親子関係が最悪になる。    
日本語を話す親がいるというだけでお尻をたたかれ通っている補習校。しかしここで『仲間』ができたんだね。お尻をたたき続けた方としてもちょっとホッ。

矯正ほぼ終了 (^-^)V

小僧の歯の定期健診に行った。(余談だが小僧は小児歯科と矯正医が同じオフィス内にあるところに通っているので、何かと便利である。同じ日に続けて予約を取れるし、片方が混んでいるともう一方の先生が診てくれたりする。)
矯正の先生に言われてびっくり。矯正装置を装着して1年ほど。そしてとってから四六時中リテイナーをつけて半年。もうリテイナーも家にいる時だけつければよいとのこと。    
私は2年近くリテイナーをずーっとつけ続けたけどなぁ~。子供だと違うのだろうか?しかしついこの間矯正を始めたと思ったらもうおしまい。月日の経つのはなんと早いことか…。

 

 

周りでは矯正をスタートしたばかりの子がほとんど。ニッ!ときれいな歯を見せて喜ぶ小僧であった。

びっくり夏がきた~

今日の気温はなんと80゜F超。30℃超えというところ。さすがにあちらこちらでクーラーが付いている。

 

 

まだ4月だよ (-_-;)

いよいよ中学生

 

今日は補習校の入学式。小僧も晴れて中学生。卒業式はさすがにビシッと決めたものの入学式はこの格好(-_-;)

 

 

6年生の時は40名いた仲間も中1は17名。でもみんなずーっと一緒だったから既にとても仲良しで楽しそう。   

 

補習校では4月の最初の日に、日本の教科書一式が配られる。国語算数理科社会、音楽技術家庭科保健体育…。え゛っ?そうか英語の教科書も。    
懐かしの「New Horizon」。    
   
「ハロー、ケン。ハウアーユ?」    
「ファイン、サンキュー…」

 

NYの桜満開!

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

Westcnester Now

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ