« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

Halloween ‘11

我が家では毎年Halloweenの日には、日本人のお友達が来て、一緒に「Trick or Treat」を周り、カレーライスを食べて帰るというのが恒例となっている。しかし今年は今までと違ってノリが悪い。中止かぁ?と思っていたら、前日・当日になってやはり例年通りの運びとなった。

 

 

そばで見るとぞっとするようなお面を被って、3人で出かけていった。

 

 

Mamaroneckの駅近く、Union Ave.は毎年大賑わい。各家々がすごいことになる。…のだが、今年は不況のせいか、いつもの半分ほどしか…。Treatも例年の半分ほどしか集まらず、そこそこに退散。   
今日は小僧は宿題はなし!さすがアメリカの学校だ。折角だからもっと楽しませたかったなぁ。Unionにお住まいのみなさま。来年はよろしくお願いいたします。

ハロウィーンパーティー

幼稚園や小学校では、『ハロウィーンパーティー』が催される。コスチュームを着て、ちょっとグラウンドなどをパレード。ハロウィーンの歌を歌って、教室でカップケーキを食べたり、かぼちゃに色を塗ったり…。

 

ミドルスクールにあがった小僧にもやはり『ハロウィーンパーティー』なるものがあった。しかし時間がなんと6時半から8時まで。(7年生は8時半まで。8年生はその後の8時半からパーティーが始まるとか…)会費も必要だ。お友達が行くから行く!と言うので参加。当日少し早めに迎えに行くと…。

 

 

いつもランチを食べるカフェテリアがクラブに変身!(笑)ライブDJもいて盛り上がっている。スクリーンの前では、DJに乗せられて手を振り上げながら飛び跳ねている軍団も…。しかしこんなパーティーは初めてで、小僧は果たして盛り上がれているのだろうか?どこを探しても小僧の姿は見えない。どこか外れの方に座っているのかなぁ?お迎え時間が近くなると、みんなでマイケル・ジャクソンのスリラーのビデオを…。スクリーンで女の子が叫び声を上げる度に、みんなで『キャー』と叫んで楽しそう。

 

帰宅時間になり、やっと姿を表した小僧は大興奮!なんと、スクリーンの前で跳ねまくっていたらしい(笑)。親の心配をよそにとても楽しんだようだ。そしてマイケル・ジャクソンに 「He’s alive」 怖…

Jack-o-lantern

アメリカ生活18年目にして初めて作ったjack-o-lantern。

こういったキッドを使って作るらしいが、我が家の男子陣は、使い古した包丁とフルーツナイフで格闘。ついでにカッターナイフの歯を2本折ったそうな…。お約束通り、小僧は指を負傷。(苦笑) しかし初めてにしては上出来と大満足。

祝!GWB 80年

ミツワに行く時には必ず渡る橋。それがGeorge Washington Bridge.なんと今日80歳の誕生日だとか。ラジオでは「Still looks good!!」なんて言っていたが本当かぁ?

この9月18日からなんと通行料は(現金払いの場合)$12に跳ね上がった。E-ZPassを使っても$7.50。これがピーク料金だと$9.50。昔は$4くらいで渡れた気がする…。

ハロウィーンシーズン到来

 

そろそろこんな飾り付けが増えてきた。

 

 

Mamaroneckの駅の近く「Union Ave.」は、名物通り。スモークを焚いたり、スクリーンで怖い映画を上映したり…。是非一度は行ってみるもよし。

 

そしてこの程度じゃ飽きたらなくなったら是非とも下記まで。

 

http://www.hudsonvalley.org/events/horsemans-hollow

 

今年のビデオを御覧あれ。訪れた友人からかなり楽しめたとの報告あり。
http://www.youtube.com/watch?v=J54-1q1drVs&feature=share

清く正しく忙しく

ミドルスクールに行くようになって、小僧は本当に忙しくなった。まず、宿題の量が凄い。(というか今までが少なすぎたような…)勿論軽い日凄い日の差も激しいが、ちょっと1時間で終わる量ではないのだ。そして時々訪れる『プロジェクト』。本を読んで感想文なんてものもあるが、実験をしてレポートをまとめたり、課題に沿って製作をしたり…。

 

こちらの大学入試は日本で言う「推薦」。SATなどの共通テストはあるが、これも数回受けて一番いい点数が採用されるとのこと。普段の学校の成績、スポーツ、その他の活動などが評価される。SATを受ける前などは、やはりテクニックを教える講座を取って勉強するらしいが、その他では学校の勉強に明け暮れるらしい。(スポーツ・ボランティアなどと話をしていたら「学校の成績がよくなければ他がよくてもダメよ!」と先輩ママに言われてしまった…汗)

 

スポーツの評価も…ということからか、みんなチームに入ってスポーツも頑張る。学校が終わって部活をして、帰宅が7~8時。それから夕食を済ませて夜中まで勉強というのが一般的らしい。

 

学生の本分は『勉強』と言ってしまえばそれまでだが、自分たちの子供の頃と比べてかわいそうになってしまう今日この頃だ。

Thomas Henkelmann

前からずーっと行ってみたかったお店『Thomas Henkelmann』。今日は気の置けないお友達と

 

 

今日のお薦めアスパラガスのスープは、海老とアスパラガスが可愛く並んでいるところにスープを注ぐ。

 

 

シーバスがとても美味しかった。

 

 

勿論デザートまで。   
お料理によっては少し味が濃いものもあったが、おソースなどとても美味しく、お肉やお魚の調理具合も完璧!柔らかく美味しくいただいた。    
ランチだけれどもコースメニューなどなく、お値段は高くなってしまうけれども、雰囲気、サービス申し分なく、たまにはこんな贅沢なひとときもいいよね!

 

Thomas Henkelmann

矯正終了!

一昨年の暮れから始めた小僧の歯列矯正。1年と10ヶ月ほどでこの度めでたく終了!あたりまえだけれども、見違えるほど綺麗な歯並びになり大満足。まだ四六時中リテイナーを付けなければいけないが、見た目も違うし、歯磨きの際のフロスも超楽々で小僧は大喜び。

 

一番うれしいのがこの間封印してきた『ガム』が食べられること。矯正の時は歯の表面に小さな四角い金属がくっついているのだが、これが驚くほど簡単にパカパカ外れた。「だからガムやりんごの丸かじりは禁止!」だったのだ。小僧は歯医者からの帰り道、ダイドーに寄ってしこたまガムを買い込んだ。

 

しかしこれからずーっと付けていくリテイナー。片方$200、上下で$400。学校のランチの時に外してなくしたり捨てちゃったりしないでくれよ~。何はともあれおめでとう!

ソーラーカー

補習校では年2回、「放課後クラブ」が催される。講師は父兄だったり外部の方だったり。今回小僧は新企画「ソーラーカー」クラブに申し込んだ。どうやらキッドをいただいて、ソーラーカーを製作し、走らせるというもの。親同伴が必須というのが面倒くさいが、面白そうなので付き合うことにした。クラブは8名ほどの小さなもの。キッドの箱が渡され、入っている説明書に沿って作っていく。小僧はLEGO小僧。こういったものは得意分野である。そしてなんといってもクラブ参加者最高学年の6年生。親の出番があるはずもなく、新聞紙を取りに行ったり、他の親御さんとおしゃべりしたりとのんびりと過ごす。時間内に作りあげた車の試走を見て、みんな盛り上がる。小僧の残りの部分はモーターをソーラーパネルにつなぐメイン。ちょっと難しいから来週先生に聞きながらやる、と言っていたのに家に帰るとすぐに作業を再開してしまった。(おーい!宿題は?)そして程なく完成。早速試走に出かける。

もう夕方で陽は西に傾いていたので、イマイチのんびりした走りだったが、ちゃんと走っていく。小僧の満足度は300%。自分一人で創り上げたと満面の笑み。

ゴルフ大会デビュー

小僧がゴルフの大会にデビューした。とは言っても通っているクラブでの小さな小さな子供向け催し物。でもさすがアメリカ。参加者全員に小さなトロフィーが(笑)

当日は、ちゃんと4人ずつ組みが決められ、10分毎にティーグラウンドへ。

子供のくせにみんな結構イッチョ前の服装だったりして…。

子供同士、打つ順番を決めたり一緒に球を探したりと見ていて微笑ましかったが、いかんせん時間がかかる (-_-;)
そして肝心の小僧はというと、3ホール目が終わる頃には、『タイガー・ウッズの再来』は夢と消えた…。

Ridge Hill

「Dick'sに行こうよ。」突然料理長が言い出す。えーっ?別に興味ないよ。聞いてみるとYonker’sのStew Leonard’sに行く途中の山の上に何やら作っていたが、そこにオープンするというのだ。開店セールがあるかもよ?じゃあ、小僧のゴルフクラスの間に行きますか?

 

行ってみるとそこはまだまだ工事中。でも大きな大きな駐車場があり、あちらこちらにこれからオープンするであろうお見せの看板が…。お目当てのDick'sは一番奥の奥。そして特別開店セールらしきものはない。入口で先着百名さまのみというギフトカードを貰ったが、それもなんと$5。お店のロゴ入りのTシャツを2枚もらって帰ってきた。

 

場所が場所だけにMamaroneck, Harrison辺りからだとちょっと行きづらいが、すべての店舗が出来上がったら魅力あるモールになるかも。その名もRidge Hill。全面オープンが楽しみだ。Westchesterがどんどんオシャレになっていく?(笑)

 

http://westchestersridgehill.com/

大好き!ママロネック

友人にちょっとした物を送ることになった。実は台風の直後に一度送ったのだが、どこかに行ってしまったようで1ヶ月経っても届いていないとのこと。その時はダイドーのすぐ側の郵便局から送ったのだが、窓口のかなり年配の女性はとても不親切。料金も機械的に読みあげて、どれが何だかわからないほど。

 

 

今回は絶対の信頼を寄せる地元のママロネック郵便局に(笑)   
送るにはどの箱がいいかなぁ。と窓口の前でうろうろ。するとすぐにお兄さんが、「それ何処に送るの?」「ノースカロライナ」「だったら、プライオリティーメールのタダの封筒あげるからそれにしなよ。送料も$5~6だよ。宛名ラベルもあげるからさぁ。」「はーい!」もうこの時点で前回とは天と地ほどの差がある。さてさて、住所を書いて封筒に物を詰めて再び窓口へ。すると今度はお兄さん「この住所合ってる?郵便番号が違うよ。」「へっ?だって去年のクリスマスカードはこれで届いてるよ。」「調べてあげるよ」結局、やはり数字が一桁違っていた。だから前回届かなかったんだ!きっと前回の荷物はあちらこちらたらい回しされた挙句そろそろ帰路についているかも…(汗)

 

本当にここママロネックの郵便局の窓口の人は、いつも親切だ。いつもお任せで「どうしたらいい?」と聞くと安くて早いベストな方法を窓口みんなで探してくれる。超お薦めの郵便局(笑)

最後の鯛

9月30日昼。料理長と小僧が昼ごはんをかき込んでいる。どうしたのかと思えば、満潮が2時だとか。ふーん、今頃何釣るのぉ?『鯛』。え゛っ?まだ釣っていいの?例年鯛は10月1日から禁漁となる。そう、今日が今年最後の鯛釣りだ。

今日はちょっと沖の方に沢山いたらしい。他の方々はバンバン釣れていたが、短い竿持参の我が家はこの一匹のみ

勿論料理長が頑張りました。季節は外れているので、お味はまぁまぁってとこかな?翌日のブラックフィッシュ解禁日にまたまた出かけた料理長が「今年は鯛を年末まで釣っていいらしい。」という情報を仕入れてきた。鯛は夏のものと相場は決まっているが、冬の鯛も味わってみたいものだ。とにかく今日もごちそうさま。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

Westcnester Now

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ