« 掃除機 | トップページ | またまたGreenportへ »

除臭にベーキングソーダ

日本では『除臭』というと、臭いの元のバクテリアなどを殺して臭いをカットする。しかしここアメリカでは、もっと強い臭いを撒いて消しちゃうというのが一般的。これは昔からのヨーロッパ方式なんだろう。(香水もそういうところから生まれたとか…。)しかし、さすがに冷蔵庫の中の臭い取りとなるとそうはいかない。と、思ってスーパーを探すが日本のキム○のようなものは見当たらない。調べてみると、こちらでは除臭はベーキングソーダを使うようだ。小さなベーキングソーダの箱を買ってきて端を切って開けてそのまま冷蔵庫へ、地下室へ…。洗濯する際に洗剤と一緒に入れると、よく落ちる、靴下などの臭いが取れる。カーペットにふりかけるとカーペットの臭いと汚れがよく取れる。プールに入れると…などなどたくさんの用途がある。我が家でも冷蔵庫&ベースメントにベーキングソーダが置いてある。そしてこの夏、カーペットシャンプーをした際、カーペットとその下のマットが生乾きの間はなんとなくもぁーとした臭いが…。乾いた後にベーキングソーダをふりかけて掃除をしてみた。最後に残っていた臭いも綺麗にとれた。メーカーによると臭いだけではなく、ゴミや埃も通常の15%増でとれるようだ。一二度の掃除機がけではまだごく少量の粉が掃除機で吸いとれるのだが、なんといっても人畜無害。食べられるのだから安心だ。

« 掃除機 | トップページ | またまたGreenportへ »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 除臭にベーキングソーダ:

« 掃除機 | トップページ | またまたGreenportへ »

Westcnester Now

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ