« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

こたつデビュー

大掃除というほどではなくとも、やはり年末はちゃんと掃除をしようと思うのが日本人。あちらこちらをパタパタやっていると横から小僧が「ねぇ。まだ終わらないのぉ?」掃除が終わるのが待ち遠しい。「とりあえずここは終わったよ。」と言うと、ベースメントに降りていき持ってきたものがこれ。明日は友達家族が来る予定。せっかくだからこの夏にいただいたコタツを出そうかぁ。と言ったのは昨晩。なんと小僧はコタツに入ったことがない。冬に日本に帰ったことがないのだ。一度帰ったときはまだ1歳くらいだったので、その記憶がない。テレビやマンガなどで見ているので勿論知っている。しかしやはりデビューとなると心躍るらしい。頼んでもいないのにさっさとコタツを組み立て、ふとんをかぶせて完成。誰にいわれることもなく、みかんを持ってくるところなどさすが生粋の日本人。(笑)コタツの中にもぐってみたりと楽しそう。しかしだんだんこのコタツの怖さがわかってくる。そう。入ったら最後出られないのだ。明日、友人が帰ったあと、コタツをどうするかひと悶着ありそうだ。(汗)

雪が降った その3

補習校の宿題の作文を書き終わるや否や、目にも留まらぬ早業でスノーパンツに着替えて表に飛び出していく小僧。昨日作ったかまくらに入って遊んでいるのかと思いきや、やはり定番の雪だるま作り。

今年第1弾のゆきだるまくんは帽子をかぶっている。そしてやはり日本式の2段。ちなみにアメリカ式は3段で鼻ににんじんを挿す。小僧のは鼻もぺちゃんこで純和風だ。(笑)

学校が始まればこんなこともそうはできなくなる。今のうちだ。思いっきり遊んでいいよ。

雪が降った その2

雪かきもそこそこに遊びまわる小僧。我が家の前は緩やかな坂道。格好のそりのスロープだ。しかしたっぷりと積もった雪ではなかなか滑らなかったようだ。翌日、車が通って踏み固められた道に、近所の子供たちは総出。そりを押したり押されたり。かなりの時間遊んでいた。勿論小僧もそりを持っていそいそと参戦。こちらの子供たちはこんなときに、加わってきた子を自然に受け入れる。「入れて」なんていわなくってもいつの間にか一緒に遊んでいる。ついでに帰るときも結構勝手。「じゃあね!」でOK。これなら気軽にいつでもみんなと遊べるよね。

そりの次は毎年恒例のかまくら作り。雪を積み上げるのは雪かきを兼ねて、家族総出でやったが、その後は小僧一人の作品。何時間も一人でこつこつと周りを固めたり、穴を開けたりしていた。外から見ると小さく見えるのだが…

中はこの通り。子供だったら身を寄せたら4人はゆうに入れる広さ。頑張ったね。かまくら作りがカレッジ入学の考慮になるのなら、ハーバードだって夢じゃない出来だよ!(笑)

雪が降った

なんとテレビJAPANにも『ブリザードに注意!』というテロップが流れた。昼過ぎから降り始めた雪は、どんどん積もっていく。これは雪かきは無駄ということで、昨晩は早々にあきらめた。今朝は既に雪はやんでいた。我が家は海に近いせいか、いつも他の地域より雪が少なめ。それでも2フィート弱は降ったかな?

これは我が家の正面。手摺の下に3段の階段がある。それが全部埋まってしまった。年末年始でご旅行中の方も多いだろう。「いらっしゃらないようだから、ちょっとお隣の分まで雪かきをしてあげようかな?」という親切心を打ち砕くには十分な雪の量だ。

今回は特に風が強かった。これは我が家の南西にあるデッキ。西側(右側)からかなりの風が吹いたのだろう。右の方には全く雪がない。そして積もっている雪も下の方が浮いている。風で吹き上げられていたのがよくわかる。

そしてびっくりしたのが窓。え゛ーっ。窓を開けてみたら網戸と窓の間にびっしりと雪が…

まずいことに既に氷つき始めている。これはきちんととらないと大変なことになる。

料理長が車の窓ガラスの氷を落とすやつでガリガリガリ。その横から雑巾拭き。とにかく窓に近いところの雪を取り除けた。

この窓枠の雪を放っておくと、大変なことになりかねない。雨が降ったり急に暖かくなって雪が溶け、運悪くその雪どけ水が流れる道があったりすると、室内の窓枠の下のところからポターンポターンと水が落ちてくることも。これは家の不具合ではないので、大家さんに言ってもだめ。それよりも家のダメージの方が心配。当分寒いし、雨も降りそうもない。とりあえず雨漏りの心配はすぐには必要なさそうだが、一度窓をチェックして必要なら雪かきをすることをお奨めする。

学校が終わった!

やっと小僧の学校が終わる。聞くと、既に冬休みに入っている学校もあるとか。なのに小僧はこの最後の最後の日でもお弁当持参で出かけていった。こちらの公立校は、学校区ごとにこういった休みの時期も微妙に異ったりする。州が違うと1週間まるまるずれるなんてことも。兎にも角にも学校が終わればなんとなくクリスマスお正月ムードになる。

この時期の挨拶に「クリスマスショッピングは終わった?」というのがある。たいてい「まだよ」「私もよ」というやりとりになる。いつも疑問なのだが、このクリスマスショッピングってプレゼントのショッピングなんだろうなぁ。私たち日本人の暮れの買い物っていったら、おせち料理の材料と、お年賀とついでにお年玉用の新札…。なんだかあまり夢のないものばかりだ。ちなみに我が家は12月26日にはクリスマスツリーを片付けて、お正月モードに入る。あー年の瀬だな。

この季節の果物

ビニールハウスや流通の進歩で、季節に関係なく1年中ほとんど全ての野菜や果物が食べられるようになっている現代。しかしやはり旬のものは美味しい。我が家は果物屋を1軒買ったほうが安上がりなのではないかというほどの果物好き。しかし、この時期は食べたい果物が少ない。と思ったら…

こんなにたくさんの種類の洋ナシが…。Anjou, Conference, Bosc, Bartlett, Comice, Passe-Crassane………。ずーっとアジアンペア・アップルペアなどと呼ばれる要するに日本の梨ばかりを食べてきたが、こんなにあって値段も手ごろならと、いろいろな種類を端から買って味見を始めた。
よく見かけるのはBosc。しかし今我が家でブームなのはComiceである。Boscが$.99/lbだったらComiceは$1.49/lbくらいとちょっぴり高め。でも癖がなくちょっぴり白桃のような食感に♪やめられないとまらない…♪(笑)超お薦めの一品だ。先日「Royal Riviera Pears」というちょっと素敵な洋ナシの箱詰めをいただいた。まだ少し堅めなので、柔らかくなるのを待っているのだが、名前からしてかなり期待している。o(^o^)o

日本だとこの時期は勿論『こたつにみかん』である。しかし、こちらには日本のみかんはない。一番近いものは「Clementine」だろう。みかんよりは小ぶりだが、皮も簡単に向けるしそこそこ甘い。長年ヨーロッパ方面で愛されていたようで、私たちがこちらに来た当時(1994年)はクリスマスの前後のみに手に入るスペイン産の特別なみかんだった。が、最近ではカリフォルニア産のクレメンタインをそこここで見かけるようになった。米国産に伴い(?)販売期間も長くなった。今ではサンクスギビングの前から登場し冬の終わりまで頑張っている。(我が家ではなんとなく、海を渡ってくるスペイン産よりも国産のカリフォルニアの方がいいかなぁなんて思い、最近ではCutiesブランドをよく買っている。今年は今のところ結構甘くて美味しいものに当たっている。)

補習校新入園・入学

今週と来週の2週間、補習校の体験入園・入学があるようだ。今まではこんなことはなかったが、今年から実施される。ふーん。体験してもらって楽しんでもらって…と生徒を集める手段なのかと思いきや、どちらかの日(若しくは2月の予備日)に参加できないと、4月の最初からは補習校に入れてくれないとか…。え゛っ?それじゃあ狭き門になちゃうのぉ?じゃあ、この春に日本から来る人はどうするんだろう?とにかく4月に幼児部若しくは1年生に入園入学を考えている方。すぐに、学校に連絡を。

ホリデーチップ

この時期、忘れてはならないのが「ホリデーチップ」。普段お世話になっている人たちにあげるチップだ。対象は人により異なるが一般的なところだと、ベビーシッター、お手伝いさん、郵便屋さん、ゴミ屋さん、美容師さん…。アパートだとこの時期にわざとらしく「常々、スタッフの名前を教えてくれと言われていたので、皆さんにお知らせします。」などという手紙とともにスタッフの名前リストが配られる。こうなると大変だ。受付の人とか、ハンディーマンくらいなら知っているが、ちょっとした掃除をしている人などはリストのどの人なのかわからないことも…。また、誰にいくらあげるのかも問題。アメリカ人に聞いても「気持ちよ!」とはっきり言ってくれない。ネットで調べるとだいたい$15~20を目安にというのが一般的なようだ。あんまり世話になっていないけれども一応ね!レベルだと$10くらいとか、本当にお世話になりましたレベルだとそれ以上とか?習い事の先生とか、通学路のクロスガードと呼ばれる所謂『みどりのおばさん』なども忘れてはいけない。

学校のクラスマザーからもお手紙が来ていた。先生にお礼をあげたい人は集めますよ!とのこと。もちろんこれも個人でやってもいいし、金額も勝手でよい。数年前、クラスマザーに聞いたところ$20の人が多いとのこと。この辺も目安がいろいろと難しい。どちらにしても出費の多い年末である。

ランチバフェ

大勢でわいわいしたいなぁ、なんてときにお勧めなのがここ。Doral Arrowwoodというホテル(?)のレストランでランチバフェがある。うれしいことにデザートも充実している。ホテルのレストランだが、ゴルフ場に面した広~いラウンジという感じ。明るく開放感にあふれていて雰囲気はばっちり!平日行った時は結構静かだったが、この間の土曜日は混んでいた。(ので、大勢で言ってもあまり目立たない?)お料理は一般的なアメリカンだが○。 久々によく食べよくしゃべった。

Doral Arrowwood

975 Anderson Hill Road, Rye Brook, NY 10573
Tel: (914)939-5500

成績表

小僧の成績表がやってきた。まだ先生から手渡しされる。ミドルスクールからは自宅に郵送されるらしい。今年はまあまあ予想通り。通常のテストやプロジェクトの結果からするとちょっぴり厳しかったかな?小僧は例によって友達と見せ合いっこしたようだ。(笑)だんだん年齢があがるにつれ、内容を真剣にとらえるようになってきた(親だけ)。この成績がミドルでの科目でのクラス分けに反映されるらしいので結構心配だ。しかし成績表でどのくらいの表示があればどうだという目安などは全くない。来週には早々とミドルスクールにあがる子供の親向けの説明会もある。なんだか膝の上にいたわが子がどんどん遠ざかっていく…。

ペルー料理

突然何の前触れもなく、日本から友達がやってきた。スケジュールもタイトで時間がない。急いで今晩近場で食事…。思いついたのがペルー料理。カジュアルだし、日本にはあまりなさそうだし…。以前に行ったポートチェスターの『Chavin』に行った。メニューを眺めてあせる。前に食べたのはどれだっけ?しょうがないから友達に電話をする。その姿を見て注文をとりに来たお姉さんは笑っている。以前日本人が来た時にも、メモを見ながら注文していたとか…。

これは絶対にはずせないよね!というのがこれ。ただのゆでたポテトを切ってあるだけなのだが、上にかかっているこのおソースがただものではない。卵のソースだから、ちょっとエッグベネディクトのソースに似ている。でもちょっぴりスパイシー。そして付属でもっと辛いソースも添えられてくる。これが♪やめられないとまらない♪の世界になる。その他にもシーフードスープも超お勧め。これでもかというくらいのシーフードのおだしたっぷり。小さいスープでも二人で十分の量。お姉さんは気を利かせて二つのボールに分けて持ってきてくれた。メニューを見てもSoy Source(しょうゆ味)の文字が見える。だから安心して食べられる味なんだ。

Chavin

16 North Main Street
Port Chester, NY 10573

Tel: 914-937-7917

飴とアメ

♪ギ~ゴォ~♪
ここのところ小僧のチェロがよく鳴る。毎日20分練習しなくてはいけないのだそうだ。週5日で合計100分。3日に短縮して100分やったら、最低4日はやるようにと言われたらしい。結構厳しいんだなぁ~。と感心していたら…。「100分やるとひとつチェックがついて、チェックが5つ貯まるとプライズが貰えるんだ。」え゛っ?物でつってるの?
こちらの学校に入ると最初にびっくりすることがこのプライズだ。先生は箱の中に、シールとか鉛筆とかアメとかをたくさん持っている。何かに到達すると、子供たちは好きなものをもらえる。子供はというと、最初のうちこそうれしがっているがだんだんと慢性化して、それを目当てに頑張ろうというのがなくなってくる気がする。それに普通なら『飴と鞭』となるはずが鞭の部分がないのだ。「頑張ろうね!」といわれるぐらい。しかし小僧の場合は4人しかいないチェロクラスのうち2人が毎回必ず100分練習してくるらしい。それでは俺もと頑張っている。よしよし頑張れ~と思ったのもつかの間…やはりその先が。全員が○○したら、アイスクリームパーティなんだとさ。こんなんでいいのだろうか はーッ(´○`)=3

懇談

師走早々、小僧の学校の懇談があった。今年は理系と文系の二人の先生との懇談だ。事前に「先生に気に入られていない。」「よく怒られる。」などの情報を小僧から入手。料理長と二人で覚悟して向かった。
しかし結果はいつもと同じ。またまた褒め殺しにあった。しかし安心してはいけない。GOODとかOKとかFINEなんて言葉がある科目は要注意だ。たとえEXCELENTといわれても油断はできない。今週末にやってくる成績表を見るまでは、GOODやEXCELENTのレベルが判断できないのだ。
まぁ、取り立てて大きな問題がないのは幸い。(これはいくらなんでも事実だろう。笑)しかし、先生の満面の笑みと褒め殺しの言葉の中から何とかいろいろと読み取ろうとした結果、恐らくもっと英語の読み書きを頑張れと言われている気がしたのは気のせいか…?

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

Westcnester Now

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ