« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

ハロウィーン

今年のハロウィーンは日曜日。(昨年は土曜日だったが、例年よりも随分寂しかった。)ということで学校のハロウィーンパーティーは金曜日に行われた。小僧の学校では、学校の周りをぐるっとパレードして、歌を歌っておしまい。あとはクラスでちょっとしたパーティーをするようだ。
さてさて、今年の小僧は…。一応この帽子はターキーである。コスチュームはなし。この帽子だけで随分と割安なハロウィーンとなった。だいたい年々盛り上がりが右肩下がりで落ちてくる小僧。今年は家の前にパンプキンさえない。(買って!と言われないのをいいことに知らないふりをしている…笑)

パレードを見ていて感じたこと。やっぱり手作りの衣装は目立つ!それなりに工夫がこらしてある。できあいのものとは違うのだ。このゴミ箱は最高だった!しかし歩きづらそうなのと、帽子が飛んでも自分で拾えなくて大変そうだった。

付き合う先生方も毎年毎年大変だ。

にしん

にしんと言えば体長30cmくらいの魚だが、この時期は40cm強のお化けにしんが釣れる。えさもいらない岸からの手軽な釣りである。早速料理長と小僧が出かける。

場所はお馴染みロングアイランドのCaptree Island Park。昨年も一昨年もここでこのお化けにしんをゲットしている。確かにしんは何匹でもお持ち帰りOKだと思っていたら、いきなり今年は一人5匹まで。でもさぁ。にしんって小骨が多く食べづらい魚。それにこんなにでっかいにしん。誰がどうやってそんなに沢山食べるのぉ?こういうのにかぎって、お昼までの数時間で5匹ずつ計10匹を釣り上げた二人。(-_-;)
(これが平目とかカレイなんかだったら はーッ(´○`)=3)

帰宅すると早速料理長が10匹を丁寧に3枚におろす。傷みが早い魚なので、お刺身が出回らないとのこと。はもの骨切りのように包丁を入れて、お刺身に挑戦!う゛~ん。やっぱ骨がねぇ。じゃあ揚げてみたら?うう゛~ん。やっぱり小骨が歯の後ろ側に刺さる…。やっぱり酢漬け?でも大きなフィレのままつけたのでは骨は溶けない。小さく切ってマリネがやっとかなぁ?この大漁のにしん、一体どうしよう?なんと釣り場で「一匹$5で買うよ!」というおじさんがいたらしい。どうやら餌屋さんか釣り船の人で『ストライプバス』用の餌にするらしい。10匹売ったら$50だったんだ。よし!来年からは家族総出で15匹。全部売って$75ゲットだ!

忘れ物

行って来ま~す。小僧が朝学校へ行った。と、間もなく車が帰ってきた。そしてバタバタバタ。どうやら忘れ物をしたらしい。やれやれ。戻ってきた料理長と苦笑。しばらくすると学校から電話が。またまた忘れ物をしたらしい。しょうがないから、料理長が持って行った。戻ってくるとまたまた電話。怒った料理長は「もう持って行かない!先生に怒られろ!」と電話口で怒鳴っている。しかしどうやら小僧は「先生が電話して持って来てもらえって言ったので、持って来て欲しい」と電話口で懇願しているようだ。しかたがないので、またまた持って行く。いい加減学校の事務の人にも「あらっ、また来たの?」と呆れられた。

幼稚園の子ならまだしも、小僧はもう5年生。なのに未だに親に頼らせる学校にはちょっと理解に苦しむ。だいたい私たちは、学校から家に電話をしたことなどなかった。そしてどうしてもという忘れ物は、自分で取りに帰らされた。これも日米文化の差なのか?それとも時代の変化か?

急げ!ハロウィーン

うちの前のおじさん。ここ数年は家の前の飾り付けに余念がない。しかし今年は腰が重い。そうなるとなんとなくこちらものんびりムード。ハロウィーンなんてまだまだ先さぁ。という気分であった。ところがところが、とうとうおじさんが飾り付けを始めた。気がつくともう10月も後半にさしかかっている。まずい!小僧、今年はどうするんだぁ?かぼちゃも買わなくっちゃ!だいたいうちって何か飾りつけがあったっけ?

小僧はバナナになりたいという。これはこの夏、バナナを目当てにやってきたアライグマに襲われたことから来たもの(詳しくはこちらをどうぞ)。お店でさっそく試着してみると…(汗)。本人もその場で却下した。さぁ。それじゃあどうするの?しかし3000%バナナのつもりでいたのだから小僧に次の手はない。これはー?こっちはー?どれも気に入らない。そしてとうとう見つけたのが…。
子供も小さいうちは、いろいろとかわいい衣装もある。毎年とっかえひっかえも楽しい。小僧もミツバチ→機関車トーマス→消防士→パイレーツ→忍者→スポンジボブ→死神→がいこつ→ハリーポッターと様々なコスチュームを着てきた。しかし大きくなってくると、なんとか笑いを取ろうとするから、つきあうこちらも大変だ。
West Harrisonに怖いこわ~いお化け屋敷があるとか。どこぞの高校の演劇部の人たちの出演によりすごい演出らしい。昨年訪れたお友達からは、「こんなに怖かったのは初めて」という感想を。そのお子さんは『怖くって背骨が抜けちゃった』らしい。床を這って逃げ回っていたとか。こういうのがお好きな方はお出かけください。(うちの小僧はチキン(怖がりというか臆病というか)だから絶対に行かない!) その他にも「jack o’lantern」と呼ばれるかぼちゃをくりぬいて中にろうそくを入れているあれ!あのかぼちゃをたくさん並べている(4000個くらいあるそう)ところもある。いずれもチケットがいるので、興味のある方はお早めに!(かぼちゃはこちらをご覧ください)
さて気になる小僧の今年のハロウィーンの格好は10月29日に大公開!

お菓子

料理長も小僧もあまりケーキを食べない。その代わり羊羹やら大福やらたいやきなんてものには目がない。(さすが親子)しかしこの二人が結構好む洋菓子がある。

  1. Galloways Country Kitchenのバナナクリームパイ
    Scarsdale にあるベーカリーで金土日しかオープンしていない。クリームたっぷりだが、それほど甘くない。
  2. Plaza Sweetsのタルト
    Mamaroneck にあるレストランに卸している工場。全て冷凍。レモンシャルロットなんかもお奨め。
  3. Salzburg のフルーツタルト
    Ryeの駅前にあるベーカリー。ここに行くと必ず小僧にてんとう虫とかくじらなんかの形をしたクッキーを買わされる。

なんだかんだ言っても結構好きなんじゃない!

自然を満喫

毎年、夏になると訪れている場所。なぜか今年は今頃に。「Blue Hill at Stone Barns」。本当はとても有名なレストラン。予約は3ヶ月先までいっぱいだとか。マンハッタンにもレストランがある。メニューもプリフィックスのみ。それもそのはず。ここで使われている材料のほとんどは、ここで作られているから。

このかわいらしい仔たちを食べちゃうと思うとちょっとねぇ。しかし周りの広々とした牧場には鶏がいる、牛がいる。みつばちも飼っていてはちみつも取れるらしい。勿論野菜もたくさん。

Stone Barnsというだけあって石造りの素敵な建物。この裏側にカフェがある。小さな売店のようなところでパンやサラダを売っている。そしてその横にテーブルがあり、その場で食べることができる。季節はずれだったのでサラダの種類が少なかった。代わりにトライしたローストビーフサンドイッチ。これが本当に美味しかった。お肉がちがう!肉の臭みが全くなく、お肉じゃないみたい。別に特別に上手に料理している感じはないのだが、とにかく美味しい!いつもはいくつもある野菜料理に舌鼓を打つのだが、意外とここでお肉を食べるのもいいかもと新たな発見!気候がよければ牧場内を散策するのもいいだろう。自然の恵みを堪能できる場所だ。

Blue Hill at Stone Barns

コヨーテにご用心

日本では熊があちこちで出没しているとか。ここウェストチェスターでは夏ごろから『コヨーテ』が目撃されている。Ryeで小さな子を噛んだなんて怖い話もあった。捕まったと言われるそばから次の目撃情報が出てくる。

全長1m弱。犬のようなちょっぴり狼のような感じ。もし見かけるようなことがあったらすぐに911に連絡するようにとニュースでも言っていた。しかししかし…。「コヨーテ」と言ったらアメリカ人は???であった。「ほらほらc・o・y・o・t・eよ」とスペルを言ったら「あーっ、かぃよぅりー(と聞こえた)ね」と言われた。(-_-;) 911で通じるか心配だ。

ゴルフ小僧

コロンバスデーウィークエンド3連休。土曜日は補習校だからしょうがない。しかし日曜日は釣り、月曜日はゴルフと遊びほうけている小僧。気候もよく、紅葉も始まりだした。

休日の午後。のんびりとカートをひっぱりながらの親子ゴルフ。あぁなんてアメリカはいいところだろうと思える瞬間だ。(ちなみにこういう瞬間はめったに訪れない。たいていは、アメリカってどうしてこうなんだろうと不平不満が募るばかり… はーッ(´○`)=30 )

夏休みは5週間のゴルフキャンプ&1週間のゴルフバケーションを過ごした小僧。技術面というよりも精神面で成長した感じ。うまくあたらなくても、淡々とプレーする。(見習わなくっちゃ 苦笑)

我が家の場合は

  1. 親がゴルフ好き
  2. 子供がいるとゴルフができない
  3. 一緒に行っちゃえばいいんだ!
  4. では小僧にゴルフを教えよう!

という単純な発想で小僧をゴルフ漬けにしている。これが高校生くらいまでつづいてくれればいいなぁと密かに料理長は願っている。中高生ぐらいになると「おやじ」とは口をきかなくなる。しかしゴルフ好きなら、「おやじ」にゴルフ行くかぁ?と誘われればへいへいとついてくるのだ。大人からすれば一日$30のゴルフ代は安いもの。しかし子供にとっては、自分でお小遣いからほいと出せる値段ではない。(要するにえさで釣るわけだ)これで5時間たっぷりと息子といられる。ゴルフとは親子関係にもいいらしい。(実際にこれを実践している人の話を聞いてなるほどと料理長は感心している。)

久々の大漁!

コロバンスデーウィークエンド。3連休の中日。H部員と料理長が船釣りに出かけた。狙うは、ブラックフィッシュ・鯛・シーバスなど。ポーとジェファーソンから出る船に朝7時から午後3時まで乗り込む。乗ったら最後、一緒に行った小僧たちは完全に忘れ去られた。ひたすら自分の竿に没頭。しかししかし…。またまた小僧たちにはかかるが50cm隣の大人の竿にはかからない。(笑)小僧たちはお持ち帰りMAXの数まで釣り上げた。

これよくあるあの一番大きいクーラーボックス。これにぎりぎり入る大きさのブラックフィッシュやらシーバスやら…。勿論その日は、我が家でブラックフィッシュのお味見会。

 
またまた料理長の包丁がうなる。今回のブラックフィッシュ。お刺身もさることながらフライやムニエルがなかなかいけた。フライは揚げるそばから子供たちの手が伸びる。久々に(いや初めてかも?)こんなに大きな魚を沢山お持ち帰りして、料理長も小僧も上機嫌。今回の竿頭はH部員のお子さんHくん。(その様子は船のHPにも載っている。こちらからどうぞ。)やはり大人は殺気やら邪念やらストレスなど、いろいろなものが竿を伝わっていくのか?魚は敏感だ。

今日もまたまたご馳走様。

ママロネックフィッシングクラブに興味のある方はこちらからご連絡ください。釣りに行くときにはお声を掛けさせていただきます。

ステートテストの結果

学校から手紙が来た。ずーっと待っていたNY州のステートテストの結果だった。こちらはこういったものは学校で配られずに、自宅に郵送される。上のほうの学校では、通常の成績表も自宅に郵送される。(親に隠せないようになっている?)結果は☆!>?点数と4段階評価のどこに属するのかは書いてあるのだが、果たしてこれがいいのか悪いのかわからない。学校の平均点すらわからない。(にも関わらず昨年の英語と算数の点数はしっかりと書いてあった 汗)しょうがないからNYSED(New York State Education Department)のページから探しに探してやっと見つけた。NY州全部の学校の記録。英語と算数の平均点が載っている。(こちらからどうぞ)このページのDistrict & Building Aggregates - Grades 3-8 ELA and Mathematicsというのがそうだ。小学校だけでも2500校ほど。それが各学年毎に結果がのっているのだから膨大な量だ。興味のある方は見てみるといいかも。ちなみにこれを覗いて、小僧は昨年頑張ったことが判明した。ちょっぴり安心。

時代と共に宿題も…

小僧が理科の課題を持ち帰ってきた。こちらでは、締切日や課題の説明が書かれた紙を親が読み、(責任を持って期日までにやらせますという)サインを提出する。いつまで親に手伝わせるのだろう。と思いながら読んでいくと…。レポートはタイプしても手書きでも良いようだが、デジカメで撮った写真を付けろ!とあった。ということは、タイプして写真もプリントアウトしろってことだ。課題の内容自体はたいしたことはないのだが、5年生(日本だと4年生)がデジカメから写真をPCに取り込んでレポートと共にプリントアウトできるのかぁ?結局たくさんたくさんた~くさん手伝え!ってことだ。今月もまたまた締め切りに追われることになりそうだ。はーッ(´○`)=3

10月1日は値上げの日?

今日から10月衣替え。日本ではタバコが値上げになるとかで、9月中にたくさん買いだめをしているところがTVで映された。ここNYでも値上げがある。衣料品の税金だ。むかーしむかーそそのまた昔、衣料品も普通に税金がかかっていた。それが、ときどき『今週は$100以下の洋服には税金がかかりません!』なんていうショッピングー奨励週間ができるようになった。そしていつの間にか、ずーっとNYのステート税はかかりません!($110以下の衣料品)となった。衣料品を扱っている店のレシートを見ると、税金の欄が2段になっているはず。一つは通常の買い物にかかる税金。そしてもう一つは衣料品にかかる税金。衣料品にはNYのステート税はかからないが、各町(や村?)での税金はかかる。これが3%ちょっと。なぜこんなことをしているかというと、おとなりNJは衣料品に税金がかからないのだ。隣の州に買い物客を取られてはたまらないということだったのだろう。しかし今日10月1日からこの衣料品税が復活する。一応期限は来年の3月末まで。NY州の税金が4%とその他とってつけたような税金が3/8%(要するに0.375%)。(まぁ、これは値上げというよりも元に戻ったということなのだが、なんとなく税金の値上げ感がある。)聞くところによると隣町のRYEでは今までは駅前月極駐車場が$30だったのに、今日からは$80になるとか。秋風が身にしみる季節だ。はーッ(´○`)=3

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

Westcnester Now

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ