« 久々に舌鼓 | トップページ | セロ弾きの小僧その2 »

セロ弾きの小僧その1

小僧は現地校で3年生になるのをとても楽しみにしていた。3年生になるとオーケストラに入れるからだ。※とは大げさでバイオリンかチェロを学校で教えてもらえるようになるだけ。4年生以上はその他にブラスバンドという選択肢も出てくる。とにかく今年はストリングス。
何をやりたいかと聞いたら「チェロ!」。やっぱり。小僧の大好きなテレビドラマは「喰○タン」。主人公もチェロを「キャサリン」と名づけて弾いていたものなぁ。クラスを申し込むと同時に楽器を借りる手配をしなければならない。しかし、このオーケストラの練習は授業中に設定されている。よって担任の先生に「うちの子はクラスをぬけてもやっていけるのだろうか?一体どの時間をぬけることになるのか?」などと話さなければ…。あーっ。面倒くさいなぁー。と思っているうちに時間だけがどんどん経っていく…。
はっと気がつくと周りの友だちは既に楽器を借りに行っている。まずいっ!とあわてて学校から渡された楽器店のリストをかたっぱしから電話する。一番安いところで借りようなどと思っていたらそんなに世界は甘くない。小僧のようなチビ助用のチェロは「今ない。取り寄せになる。」らしい。え゛っ!チェロは来週いるんだよー。ところが最後に地元の楽器屋に電話をしたら「あるよー!」。お値段も他の店より安い。急いで小僧を連れてその楽器屋に。しかし、小僧を見た店員は「そのサイズは今ない。来週の水曜日に連絡するように」と言った。やはり小僧はチェロ向きの体をしていないんだ。まずい。その来週の金曜日にはチェロを持参しての第1回目のクラスがある。果たして小僧は無事に参加できるのか…。(続く)

« 久々に舌鼓 | トップページ | セロ弾きの小僧その2 »

生活」カテゴリの記事

学校・教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セロ弾きの小僧その1:

« 久々に舌鼓 | トップページ | セロ弾きの小僧その2 »

Westcnester Now

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ